YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

色づき始めた荒山鍋割山

sabakoさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:屋久島を歩く為に、近くの山でトレーニングを始めてから山歩きが好きになりました。主に北関東、信越の山々を花を探しながら夫婦で歩いています。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

赤城山・鈴ヶ岳・長七郎山

2015/05/04(月) 10:47

 更新

色づき始めた荒山鍋割山

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 09:16

2015/04/29(水) 13:11

アクセス:169人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 948m / 累積標高下り 946m
活動時間3:55
活動距離8.49km
高低差555m

写真

動画

道具リスト

文章

今回は少し距離を伸ばして荒山経由で鍋割山まで。
毎回ここから登山開始、ふれあいの森から。
さくらのはなびらを踏みしめながら森を歩き荒山への分岐を目指します。
登山道が開けたところの左手に荒山への登り口があります。
ここから登る人は多くなく荒山高原からとの合流点まで私たちだけでした。
つずらおりに登ります。今回はガスっていたので残念でしたが時折木々の間から素晴らしい展望があり静かないい道です。
展望のない(笑)展望の広場を過ぎ開けた道を進むと今回唯一シロヤシオが開花していました。向かいの山肌にはアカヤシオも咲いています。
荒山頂上では登山の無事をお祈りして、ひさし岩を目指します。ここでコーヒーブレイクが恒例なのですが、到着時かなりのガスで景色も望めなかったので早々に腰を上げ荒山高原、鍋割山を目指します。登山道の奥には開花したアカヤシオが所々に見受けられます。
鍋割頂上に向かう途中で新潟からの団体さん総勢80名(とおっしゃっていました)と遭遇。皆さんかなり恐縮されながら下山されていましたが、私はちょうどいい休憩をいただきました。
稜線にでても遠くの山々は霞んで見えず赤城の山々のみでした。
驚いたのが鍋割頂上。春の嵐のような強風が。どこも風はなっかったので!!でした。
休憩はとりましたが、戻って景色の良い所でゆっくりすればよかったと後悔しました。
下山では10日前に蕾だったかたくりの変化が楽しみ。ウキウキしながら下山。
写真の通りです。前回は気づきませんでしたがたくさん咲いていました。

展望はありませんでしたが、わずか10日での春の山への変化に驚き、これからのつつじに覆われた山歩きが益々楽しみになってきました。



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン