YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ゴーゴーヘブン!横倉山

ソーヤさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気づいたら
    ありゃ3年目(・∀・)

    あんなことやこんなこと。
    昨日の事のよーです。

    今年も手を変え、品を変え、
    YAMAP込みの山行、満喫いたします。

    みなさま
    あたまユルユルのおぢちゃんですが
    ヨロシクお願いいたしやす。
  • 活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:高知
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

横倉山

2015/04/30(木) 17:31

 更新

ゴーゴーヘブン!横倉山

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 09:24

2015/04/29(水) 13:02

アクセス:899人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 690m / 累積標高下り 674m
活動時間3:38
活動距離4.22km
高低差341m

写真

動画

道具リスト

文章

雨が降ったら傘をさせばいいじゃない第2弾。
前回に引き続き今回も番外編です。
横倉山には雨が似合う。
ということで、越知町降水確率70%の傘差し撮影ハイクにでかけた。
工石山でなんとなく、手応えを感じたので意気揚々と車を一路横倉山へと走らせる。
フロントガラスにあたる雨粒が次第に多くなってきた。
いいぞ!前回は高気圧ガールに遭遇したため(決めつけてますが)少々不発気味だったので、期待が高まる。
もちろん目当ては苔の楽園「空池」で他には目もくれず真っ直ぐ目指すルートでピストンする予定。
距離が短い分ゆっくり楽しもうという心づもりだ。

■苔天国への階段
霧のかかる道を登りきって、いつもは下山口に使う第2駐車場へ到着。
雨は小休止のようだが、大丈夫また降り出すだろう。
苔むし雨に濡れた石階段は滑りやすく、慎重に登っていく。
登りだして5分もしないうちに撮影開始。
なかなか、前に進めないでいると、しばてん教授から着信あり。
本日、午前11時半〜午後1時半の間なら教授も織田公園に行くのでクララ(ミーコ)に会えるとのこと。
時間的に微妙だが何とか会いたいむねを伝えて電話を切った。
ん?何か大切な事を忘れているような気がする。
すぐに思い出せないなら大したことはないだろうと苔天国へと一歩一歩登っていった。

■はじめまして、お会いしたかったです
しっとりとした森を抜け杉原神社へとたどり着くと自分の求めていた苔の新芽に水滴が!
空池に着く前にテンションは高くなっていく。
その後もあっちへフラフラこっちへフラフラと撮影しながら登る姿は不審者そのもの(笑)
相も変わらず苔を撮影していると、目の端になにやら白いモノが入いる。
振り向くまでもなく、すぐにピンと来た!
銀竜草!初めまして、お会いしたかったです。
数々の活動記録で気になっていて、なんとしても見たいと常々思っていた。
儚げで上品な白が美しく、すっと頭をたれたような佇まいが愛おしい。
その後しばらくその場を離れなかったのは言うまでもない。

■苔天国!しかし…
あまり足下ばかり撮るのもなんだかなと思い、展望所にちょっと寄り道。
真っ白で何も見えないかと思いきや、雨はすっかりあがりガスは晴れていた。
いつもと違いちょっと神秘的な感じは悪くない。
森の中で葉から落ちる水滴で気づかなかったが、ずいぶん前に雨はあがっていたようだ。
ひょっとしたら登り始めから止んでいたのかもしれない。
やっぱ自分は曇り男だな。
そんな事を考えながら歩いているといつの間にか天国に足を踏み入れていた。
前回訪れた時とは比べものにならない緑の豊かさ、色彩!
雨でそぼ濡れた感じが更に色を引き立てる。

テンションマーーーーーーーーークッス!!

時間を忘れてジャンジャンバリバリ撮りまくる!
が!雨上がりのため虫が半端なくまとわりついてくる。
何とか我慢していたが流石に耳の中にまで入ってことうとするヤツが現れるともう限界。
あわてて撤退する。
今度は虫対策を万全にして再訪することにした。

■今回も!?
遠くからサイレンが聞こえる。ああもうお昼か。
丁度いいタイミングで東屋に差し掛かったのでランチタイム。
しばてん教授が織田公園に着くころかもしれないので急いで準備。
下山時のしっとりとした森を楽しみにしつつ山ラーを食べていると、次第に辺りは明るくなり陽射しが差し込みはじめた。

あーーーーーーっ!忘れてたあああああ!しばてんさん晴れ男!

しまったあ!もう少し早めに下山するんだった!
その後は柔らかな陽射し差し込む登山道を余り撮影することなく魂が抜けたように下山した。
恐るべし晴れ男パワー。

■そして再会
何とか時間までに織田公園にたどり着く。
管理事務所でしばてんさんが手招きする先を見ると、クララ(ミーコ)が授乳中。
6匹の子猫にじっとお乳をあげている姿はすっかり母だ。
公園を管理されている織田さんにお茶とまんじゅうをご馳走になり、しばしクララ(ミーコ)&横倉山談義。
しばてんさんが子猫を抱き上げると心配そうに見上げるクララ(ミーコ)にきゅんとなる。
そろそろ子猫たちも外へ出始めそうだ。
また、会いにこなくちゃね。

さて、次はどの山、楽しむかなあ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン