YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ポンポン山系 九輪草群生地

やまたいらさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

ポンポン山(京都府)・釈迦岳・小塩山

2015/04/30(木) 09:10

 更新

ポンポン山系 九輪草群生地

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 10:53

2015/04/29(水) 16:13

アクセス:228人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,098m / 累積標高下り 1,063m
活動時間5:20
活動距離12.18km
高低差400m

写真

動画

道具リスト

文章

大沢林道からトラックイン、京青の森へ。
九輪草は春爛漫。
見晴台経由でポンポン山頂へ。
今回は出灰不動尊方面に向かう。稜線を下り沢に突き当たり、沢筋を下る。途中見事な瀧が現れる。瀧壺を見降ろす淵に位置し、パノラマモードでの撮影を試みる。俯角があるため、完全には取り込めないが、なんとか水流を収める。さらに下ると、根が岩にしがみつかのように成長した巨木の複雑さに目を奪われる。麓に近づくと不動之瀧が現れる。紙垂で厄除けされており、瀧行も行われている模様。
出灰不動尊では開運厄除の祈祷を賜わる。
鬼語条橋を渡ると、ここにも花咲く九輪草。ミツバチも舞っており、共に陽の光を浴びた九輪草の花弁を共有。
山頂をかすめ、おおさか環状自然歩道沿いに下り、トラックアウト。

九輪草は見事に咲き誇っています。まだ蕾もあるため、暫く楽しめると思います。
出灰不動尊への下りはポンポン山さんの軌跡を参考にしました。沢筋に入ると、瀧や巨木、何やら一種独特な雰囲気に包まれます。不動尊の説明では、磁場が強くパワースポットとの事です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン