YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

余市岳BCスキー

よしさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:登山、キャンプ、たまにカヤック、北海道中心で遊んでます!
    BCスキーは2014よりスタート!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

札幌岳・余市岳・砥石山

2015/04/29(水) 22:21

 更新

余市岳BCスキー

公開

活動情報

活動時期

2015/04/29(水) 08:54

2015/04/29(水) 16:05

アクセス:181人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,290m / 累積標高下り 1,290m
活動時間7:11
活動距離14.34km
高低差864m

写真

動画

道具リスト

文章

パドルクラブ+ノマドのツアーへ。
キロロのゴンドラから飛行場を通って、余市岳を目指す。

PM2.5で空はくすんでるが、快晴!
しかも、暑い!半袖もってくるべきだった。。
人気の山、いくつものパーティや単独者がきいる。

飛行場(だだっ広い、平らな場所で、厳冬期に天気が荒れると方向がわからなくなり、遭難事故が多い場所)での、いろいろな経験談を宮下さんより聞く。コルのあたりでも、今年あった遭難事故のメディアに出ていない話を聞く。どれも、勉強になることばかり。

ピークは踏まず肩までいって、厳冬期は雪崩の危険が多くて滑ることができない南斜面へ。40度の大斜面!
良い感じのざらめ。
大きく出っ張る雪庇は、5月に落ちて全層雪崩を引き起こすとのこと。樹木がないところが、雪崩のコース。

コルに登り返して、尾根も登り返し、少しトラバースして北斜面の沢へ。一気に降りずに、もう一度トラバースしておくの斜面へ。こちらはもう雪がぐじゅぐじゅで滑りづらい。キロロのゲレンデ途中に出て帰路へ。途中、ちょっとだけゲレンデを登って隣のゲレンデに渡る。(帰るため渡る必要がある)

雪がざらめだと、トラバースで横ずれしたり、ずいぶん体力を消耗した。
厳冬期は深雪で体力を消耗するし、どっちみち体力やばし、ということか。

大丈夫か、今年の夏山。。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン