YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

深夜バスにて、石鎚山 1,982m

doctorheadさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:北海道からの単身赴任も一年が過ぎ、関西の山もだいぶ登ってきました。あとどれだけいるかわかりませんが、後悔ないよういっぱい登ろうと思ってます。
    プロフィール写真の、娘が作ってくれた山の切り絵は、私の心の励みです♪
  • 活動エリア:北海道, 滋賀, 奈良
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:奈良
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森

2015/05/01(金) 17:43

 更新

深夜バスにて、石鎚山 1,982m

公開

活動情報

活動時期

2015/05/01(金) 08:51

2015/05/01(金) 14:33

アクセス:393人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,300m / 累積標高下り 2,144m
活動時間5:42
活動距離11.65km
高低差1,549m

写真

動画

道具リスト

文章

大阪より深夜バス、路線バスを乗り継ぎ、ロープウェイ口から石鎚山、弥山、天狗岳へのピストン。
GW、快晴、今日から山頂山小屋開き、頂上社開門祭ということもあり、かなりの登山者で賑わっていました。

ロープウェイで成就駅、そこから15分ほどで成就社へ到着。お詣りを済ませ、いざ出発。
と同時に標高100mほどの下りが10分ほど続きます。帰りのラストで登りはイヤだなあ…なんて思いつつ。
その後、前社が森までの約50分ほどは木段混じりの登りが続きます。
途中で試しの鎖がありましたが、スルーして先を急ぎます。
そした夜明かし峠と言われる稜線に出た途端、一気に山頂までの道のりが開けます。この後の鎖場を登っている人たちも。それにしてもホントにいい天気で景色サイコーでした。
一の鎖は距離も30m程と短く、初めての鎖場としては丁度いい練習になりました。
次の二の鎖は65mと距離も長く斜度もほぼ垂直。途中で足掛が見つからないところもありましたが、三点支持を意識してクリア。
ラストの三の鎖は一番きつかったです。これまでの疲労が蓄積した下半身と、鎖場で浪費した上半身の筋肉もスタミナ切れそうになりました。
ここを登り切ると、そこは山頂。
登頂しました。雑誌やテレビでよく見るあの天狗岳を望む景色が広がります。
丁度、開門祭を執り行っておられ、白装束の山伏?の皆さんが、法螺貝を吹き鳴らしておられました。
なかなか荘厳なシーンにも遭遇できました。
その後は、天狗岳へのピストン。なかなかのキレキレの岩場でした。普通にしてたら落ちることはないと思いますが、目が眩むところはたくさんでした。
天狗岳からは四国のたくさんの山々が見渡せ、本当に気持ちが晴れ晴れとしました。

アケボノツツジをはじめとするたくさんの草花も咲き誇っており、それらにも癒されました。

雪はもうほとんどありませんが、一箇所のみ、一の鎖の迂回ルートに雪渓のトラバースルートがありました。特に危険ではないので安心してください。

それにしても、ムシの多い山でした。この季節でこれですので、この後の夏場などは虫除け必須だと思います。

今回の旅を機に、御朱印を集めようと思い、今回石鎚神社にて御朱印帳を購入しました。
たくさんの山々を登ろうと改めて感じた、有意義な山行でした♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン