YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

十種ヶ峰 ロードバイク&登山&流鏑馬

ハマKBTさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:自転車で島を一周して、島の山を登るのが好きなオヤジです。
    その他 カヤック、ロードバイクもやります。
    ハマK(カヤック)B(バイク)T(トレッキング)
    休みを利用して自転車で、「つぎはぎ日本一周」挑戦中です。リンク→
    http://bycyclehama.dokkoisho.com/cycling/nihonnissyuu/nihonnissyuutop.htm

    みなさんの活動日記を見ていると、登山ももっと挑戦してみたくなりました。
  • ユーザーID:366985
    性別:男性
    生まれ年:1964
    活動エリア:島根, 広島, 山口
    出身地:島根
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
十種ヶ峰

2017/04/09(日) 23:17

 更新
島根, 山口

十種ヶ峰 ロードバイク&登山&流鏑馬

活動情報

活動時期

2017/04/09(日) 08:35

2017/04/09(日) 15:38

ブックマークに追加

アクセス

233人

文章

 次は十種ヶ峰登山をしてみたいと考えていた。天気予報では、曇り後、晴れ。これは行くしかない。ということで、近いけれども、非日常を楽しむために、土曜の夜から津和野の道の駅で、車中泊。夜中に雨・・・。いやな予感はしたが、朝になると、きっとやむだろうと考えて眠りにつく。それと、妙に車が多いのが気になっていた。
 朝、6時前に目が覚めると、上から雨が降らないけれど、いつ降ってもおかしくないような天気だったので、様子をみるために、二度寝。結局あまり状態は変わらなかったので、準備をする。そのうち、どんどん車が入ってくる。きっと、何かイベントがあるのだろうと思い、観察すると、流鏑馬という幟を発見。今日は、近くの八幡宮で、津和野の流鏑馬があるのだ。どおりて、人が多いわけだ。このまま、道の駅の一番いいところに車を置いておくのは申し訳なくなり、移動。特設の駐車場があり、ほとんど、駐車していなかったので、ここにすることに、ここから、ロードバイクスタート。結局9時ごろになってしまった。
 せっかくなので、流鏑馬会場に行ってみる。もう結構人がいた。流鏑馬は午前11時からと、午後2時からあるということだった。十種ヶ峰登山をして戻ってきてもきっと、もう終わっている可能性が高い。ひょっとしたら、午後の部は間に合うかな?という淡い期待を持ちながらスタート。名賀方面県道13号を進む。数年前ここは洪水で、道路や川がずたずたになったところ。河川改修などされて、以前とはだいぶ感じがかわった。
 このルートの橋には、小さな橋もちゃんと名前がついている。流鏑馬橋、百才橋、希望橋、鳥鳴橋などなど・・・。
 国道315号に出て、南下し、十種ヶ峰登山道へ向かう。今回は、できるだけ、ロードバイクで山頂近くまで行くことに。スキー場の横の道を進む。結構な激坂。へろへろになりながら進む。霧の中を進む感じで、視界は悪い。途中、マウンテンバイクのコースなどもあった。
 標高840mぐらいまで登ったところに駐車場。ここからは、徒歩になる。途中からついに、雨になってしまった。天気予報ではだんだん晴れるということだったのに・・・・。レインコート装着。そして、初めてジェリーの防水リュックが役にたった。
 登山道はよく整備されていたが、昨夜からの雨のため、ぬかるんで登りにくかった。そして、山頂。そこには20名近い団体さんが・・・・。すごい、こんな日に・・・と自分のことは棚にあげてびっくりしてしまう。聞くと、宇部からこられたということだった。だいぶ前に来ていたのだろう、下りる準備をしているところだった。
 山頂からの景色は・・・霧。真っ白。きっと、雲の中にいる感じなのだ。恒例のランチタイムあんど、コーヒータイム。晴れていたら360度すばらしい景色に出会えただろうに、とちょっと残念だったが、今までが運が良すぎたととらえよう。こんな日もある。別の方もあと、4~5名登ってきた。こんな日に・・・・と自分のことは棚にあげて再びびっくり。
 晴れる感じは全くなかったので、下山することに。滑らないように気をつけて下山。トレッキングポールは下山する時もありがたい。駐車場に到着。ここからロードバイクで下る。よくも、まあ、こんな坂を上ってきたなあと思えるほど、スピードが出る。ブレーキをかけっぱなしなので、力がなかなか入らなくなる。慎重に慎重に。再び315号線に出て、徳佐へ向かう。ここはしだれ桜で有名なところだ。ちょっと寄ってみることに。これが、ちょうど、満開で、綺麗だった。観光客も予想以上に多かった。
 津和野にむけて、9号線を進む。願成就温泉の手前を津和野の町に下る。道の駅に到着。2時40分。流鏑馬は2時ということだったので、きっと終わっているだろう。そうは思ったが、一度会場に行ってみることにした。すると、流鏑馬まっただ中ではないか。ラッキー。しかも、結構いい場所があいていた。さっそく、一眼レフを取り出して、撮影タイム。なかなかの迫力。すごいものだ。それにしてもよく馬に乗ってあのスピードで的を射抜くものだ。感心。
 道の駅の駐車場で車中泊をしたお礼もかね、道の駅でお土産を購入。
 天気は?であったが、流鏑馬も見る事ができたし、大満足のロードバイク&登山であった。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間3分
  • 活動距離活動距離53.11km
  • 高低差高低差1,045m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,591m / 1,801m
  • スタート08:35
  • 1時間13分
  • 馬草峠09:48 - 09:48 (0分)
  • 1時間44分
  • 十種ヶ峰11:32 - 12:30 (58分)
  • 1時間51分
  • 野坂峠14:21 - 14:21 (0分)
  • 1時間17分
  • ゴール15:38
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン