YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

森の息づかいを感じて・海上の森

ヨッシマンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:
    入山するときの
    緊張感が好きです。
    基本、写真山行のため
    天気は非常に気にします。
    相棒は
    Nikon D700と
    Carl Zeissたち。

    三丁目から山頂へ
    http://tyosshiman.petit.cc/

  • 活動エリア:岐阜, 長野, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:東京
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

猿投山・物見山・岩巣山

2015/05/02(土) 17:14

 更新

森の息づかいを感じて・海上の森

公開

活動情報

活動時期

2015/05/02(土) 10:07

2015/05/02(土) 13:12

アクセス:916人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 347m / 累積標高下り 351m
活動時間3:05
活動距離8.10km
高低差198m
カロリー1807kcal

写真

動画

道具リスト

文章

本日は登山無しの休日。
のんびり二度寝した後、自宅からクルマで25分の海上の森へ。
猿投山の手前あたりにある森である。
猿投山まで足を伸ばそうかなと思ったが、明日もあるので無理はせず。

「海上の森」は、瀬戸市の南東部に位置する都市近郊林だ。
そこには、豊かな森林や農地、水辺等があり、
オオタカやシデコブシなど様々な動植物(ニホンザル・イノシシ・鹿)が生息している。
「海上の森」の一部は、“自然の叡智”を テーマとして開催された
「愛・地球博(愛知万博)」の会場となった地でもある。

会場に作られ たパビリオン「瀬戸愛知県館」 は、
万博閉幕後に改修され、平成18年秋に「あいち海上の森センター」として運営されている。
センターでは、愛知万博の理念と成果を継承しつつ、
愛知万博の原点である「海上の森」を将来にわたり保全するとともに、
人と自然のかかわりを探求する学びと交流の拠点づくりを推進している。
今日の駐車地は、ここ、海上の森センターを起点にし森散策に臨んだ。

いつもよりのんびりと歩き、視線を木々や足下に移しながら散策した。
普段、気づかない森の生命を思いながらシャッターを切った。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン