YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

脊振山~小爪峠(脊振山系縦走その8)

konyさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

脊振山

2016/03/29(火) 22:00

 更新

脊振山~小爪峠(脊振山系縦走その8)

公開

活動情報

活動時期

2015/05/02(土) 08:55

2015/05/02(土) 17:17

アクセス:298人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 8,493m / 累積標高下り 8,466m
活動時間8:22
活動距離19.75km
高低差879m
カロリー3911kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日からようやく我家も連休。天気もよさそうと理由をつけて今日も山歩きに行ってきた。
「井原山~雷山」(その5)が残ってはいるが、脊振山側尾根のコバノミツバツツジも見たいと思い「脊振山~小爪峠」(その8)コースにした。小爪峠登山口に車を止めて、椎原登山口まで林道を移動。縦走路を歩くため最初脊振山を目指す。yakさんの記録にある脊振山直登ルートを行きたい気持ちが強かったが迷って後悔するだけと無理せずに車谷ルートを選択した。車谷ルートは沢沿いを登っていくコース、新緑がきれいで嬉しくなるが、最後の梯子を上ると気象庁専用道路に出てやや興ざめ。矢筈峠に出て脊振山に向かった。脊振山で昼食休憩をして、縦走路を小爪峠に向かって歩いた。コバノミツバツツジは見頃を少し過ぎたところだった。シャクナゲもほんの数輪見ることができた。気持ち良い山歩きが楽しめたとウキウキ気分で小爪峠から下山したが、初めての小爪ルートは何度も何度もいやというほど渡渉を繰り返すルートだった。沢に落ちないように、ルートを失わないように、足元とケレンだけを見ながら、安全第一で降りてきた。いずれこのルートを登る予定だが、とりあえず今日のところは登りと下りは違うと思っておくことにした。
今日は少しもやってはいたが、縦走路は本当に気持ちが良かった。山歩きを楽しめた一日だった。
自宅7時45分発、8時40分駐車地着、9時小爪登山口、9時10分小爪新橋、9時47分舟石橋、9時50分車谷登山口、11時46分矢筈
峠、12時18分背振山・昼食12時40分、13時40分唐人の舞13時45分、14時10分椎原峠、14時36分鬼ヶ鼻岩14時50分、15時30分猟師岩山、15時45分小爪峠、17時15分小爪登山口、17時25分発で帰宅18時40分着
小爪ルートは倒木で塞がれたり、渡渉後が分かり難く、下るのに手間取った。ケルン、ペンキマーク、ロープに助けられた。特に、植林帯に入って小爪谷右岸を下って行った最後、標識23番の処は要注意。大出山中に向かいそうになるが、砂防ダムの堰堤に沿って下りて行く。すぐに気付いてよかった。
その9に続く。https://yamap.co.jp/activity/100560

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン