YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

入道ヶ岳でミノコバイモ

ヤマノボラー・Minaphmさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.1283
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4500枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • ユーザーID:226520
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:滋賀, 京都, 三重
    出身地:和歌山
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
入道ヶ岳・鎌ヶ岳・仙ヶ岳

2017/06/18(日) 13:08

 更新
三重, 滋賀

入道ヶ岳でミノコバイモ

活動情報

活動時期

2017/04/16(日) 08:14

2017/04/16(日) 13:00

ブックマークに追加

アクセス

1241人

文章

 井戸谷で入道ヶ岳登るのは実は三回目です。こんなに同じルートで登るのはぼくにとっては珍しいことなんですが、今回はどうしてもミノコバイモを見たくて、このルートから登ることにしました。
 再び谷道となって、避難小屋を過ぎたあたりから、ニリンソウ、ミヤマカタバミ、そしてミノコバイモが咲いていました。ミノコバイモは、とにかく小さいので、ぼーっと歩いていると、確実に見逃すタイプの花です。でも、見つけたときは何とも言えない喜びを感じる、そんな小さな花でした。薄茶色の斑点がチャーミングです。
 標高も750mを超えると花は減り、笹が出てきます。その後はアセビのオンパレード。
 帰途、そのまま下るのはもったいないし、二本松尾根コースは二度下っているので、今日は山頂をぐるっと回ってから北尾根で下ることにしました。北尾根の上部は、アセビのトンネルをくぐっていくコース。前日の雨で結構よく滑りました。なかなかしつこいほどアセビの下りが続きました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間46分
  • 活動距離活動距離7.44km
  • 高低差高低差762m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,098m / 1,062m
  • スタート08:14
  • 2時間11分
  • 入道ヶ岳10:25 - 11:02 (37分)
  • 1時間58分
  • ゴール13:00

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン