YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

オーレン小屋から硫黄岳、赤岳鉱泉経由美濃戸口へ(2日目)

ひさしさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:風景写真と撮りたくて昨年秋から山歩きを始めました。ところがこの一年は体力をつけるのに精一杯で、写真を撮る余裕がなかったように思えます。これからは初心に帰って写真に軸足を移していけるようにならねばと思う今日この頃。。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2014/04/27(日) 15:13

 更新
長野, 山梨

オーレン小屋から硫黄岳、赤岳鉱泉経由美濃戸口へ(2日目)

活動情報

活動時期

2014/04/27(日) 05:14

2014/04/27(日) 11:16

ブックマークに追加

アクセス

456人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間2分
  • 活動距離活動距離11.94km
  • 高低差高低差1,280m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り931m / 1,742m
  • スタート05:14
  • -
  • オーレン小屋05:14 - 05:15 (1分)
  • 24分
  • 夏沢峠05:39 - 05:42 (3分)
  • -
  • 山彦荘05:40 - 05:49 (9分)
  • -
  • ヒュッテ夏沢05:40 - 05:49 (9分)
  • 4時間27分
  • 美濃戸山荘10:16 - 10:20 (4分)
  • 2分
  • 赤岳山荘10:22 - 10:23 (1分)
  • -
  • やまのこ村10:23 - 10:24 (1分)
  • 31分
  • 八ヶ岳山荘10:55 - 11:16 (21分)
  • -
  • ゴール11:16
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

快晴。気温マイナス4度、5時15分、バタバタと出発。
ひと月前の渋温泉でもほぼ同じ時刻に出発したが、その時からは10度も暖かく快適。
しばらく樹林帯を登ると突然視界が開け、朝日に輝く硫黄岳が目に飛び込んでくる。ひとしきり写真を撮ったあと、登りにかかる。風も殆どなく、登山者も皆無。アイゼンの雪を噛む音をと、先月登った天狗岳の優美な稜線、眼下に広がる雄大な景色を楽しみながら硫黄岳山頂に至る。
そこには北八ヶ岳とは違う、男性的な岩峰、横岳、赤岳、阿弥陀岳の姿。これが観たかった!
。。。。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン