YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

シャガの浅間山とシャクナゲの岳滅鬼山

konyさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:20年前には子どもと一緒によく登っていました。雪の久住、早春の経ヶ岳で迷って遭難しそうになったことも今ではいい思い出です。
    コレステロールと高脂血症の対策を兼ねて、また登り始めました。お花を探しながらのゆっくり登山です。無理なく登れる山のお花の情報を探しています。
    「夫婦で山歩き」私たちのブログです。http://blog.goo.ne.jp/runner524
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

英彦山

2015/05/06(水) 18:00

 更新

シャガの浅間山とシャクナゲの岳滅鬼山

公開

活動情報

活動時期

2015/05/06(水) 10:10

2015/05/06(水) 14:57

アクセス:350人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,574m / 累積標高下り 3,503m
活動時間4:47
活動距離8.06km
高低差658m
カロリー2236kcal

写真

動画

道具リスト

文章

5月6日は父の命日、実家でお参りの後、東峰村まで足を延ばし、シャガの群生地で有名な”浅間山”(831.5m)に、見頃は過ぎたかもとしれないが期待半分で行ってきた。浅間山のついでにシャクナゲ自生地として有名な”岳滅鬼山”(1036.8m)まで足を延ばした。
“東峰見聞録”をみると、見事な滝、アカガシの大木、ブナの原生林、シャクナゲやミツバツツジの花などもお薦めとのことで期待が膨らんでくる。筑前岩屋駅から約10分で登山口についた。谷沿いの道を進むと直ぐに滝。滝を右に交わしてしばらく進むとシャガの群生地、やっぱり見ごろは過ぎていたようだ。
群生地から更に進むと谷コースと尾根コースの分岐があった。右に尾根コースを進む。山頂まではかなりの急勾配。途中、ケヤキやアカガシの大木があった。浅間山山頂は南西のみ開けており展望はイマイチ。山頂で一息して北へ急斜面を降りる。鞍部から進むと谷コースとの合流点、展望台分岐。ここを右に快適な縦走路を進む。しばらく進むと釈迦ヶ岳、大日ヶ岳から岳滅鬼山への縦走路と合流。ここも右に進むとブナやカエデの新緑。「しゃくなげ自生地」の看板があったが花は少ない。岳滅鬼山まで0.2kmの標識を過ぎたらシャクナゲやミツバツツジの花が少し出てきた。花を観賞しながら進むと岳滅鬼山。山頂は新緑のブナに囲まれた広場になっていた。少し霞んでいたが、岳滅鬼岳や英彦山がみえた。ここで長めの昼食休憩。帰りは縦走路分岐を左左と展望台分岐だけは右に谷コースを降りて登山口まで戻った。見ごろは外れていたとはいえいろんなお花を観賞できて、今日もいい一日だった。
自宅7時30分発、8時45分着お墓参り9時05分発、(コンビニで買出し)、10個05分浅間山登山口10時10分、10時25分尾根谷分岐、11時24分浅間山山頂、12時48分岳滅鬼山13時23分、14時55分登山口15時05分、(スーパーで買い物)、16時45分自宅着

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン