YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

藪と格闘の末、幻の三角点を見た

雪野さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:永遠の初心者
    常にぼやきながら登っています(ヽ´ω`)グッタリ
    だって疲れるし_ノ乙(、ン、)_

    こちらからのフォローは、仲良くさせて頂いてる方のみとさせて頂いてます。
  • 活動エリア:新潟, 福島, 山形
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

木六山・銀次郎山

2015/05/08(金) 20:50

 更新

藪と格闘の末、幻の三角点を見た

公開

活動情報

活動時期

2015/05/02(土) 05:58

2015/05/04(月) 10:54

アクセス:397人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,998m / 累積標高下り 4,022m
活動時間52:56
活動距離29.33km
高低差863m
カロリー23126kcal

写真

動画

道具リスト

文章

秘境と呼ばれる川内山塊。
銀太郎山から先の登山道はないので、そこから先は雪のある時期限定でしか入れない山域。
そんな山域のど真ん中にある、マイナー12名山の矢筈岳を目指すも、今年は雪が少なすぎて、通常残雪の上を歩く場所には全く雪がなく、藪との格闘で進んだ結果、そこで体力を使い果たしてしまいました_ノフ○ グッタリ
初日、2日目と、日帰りの超猛者数人とスライドしました。
別世界の人だと思います(笑)

目指した矢筈岳には、条件が悪すぎて辿り着く事はできませんでした。
それでも、通常は残雪に覆われて誰も見た事がないと言う噂の、青里岳の三角点が見れただけでも、いい思い出になったと思います♪
地元の矢筈山岳会の方々ですら、初めて見たと仰ってましたので(笑)

仮に残雪がいい状態で残ってても・・・
矢筈岳に届く気がしないくらいに、矢筈岳は遠い山でした_ノ乙(、ン、)_

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン