YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨のち晴れ!経ヶ岳~多良岳

きびなごさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

経ヶ岳(佐賀県・長崎県)・多良岳・五家原岳

2015/05/09(土) 23:06

 更新

雨のち晴れ!経ヶ岳~多良岳

公開

活動情報

活動時期

2015/05/09(土) 09:03

2015/05/09(土) 15:55

アクセス:405人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,354m / 累積標高下り 3,333m
活動時間6:52
活動距離15.29km
高低差786m

写真

動画

道具リスト

文章

3日前までの天気予報では、晴れだったのに、朝目覚めると雨…
ただ予報は雨のち晴れ!
予定どおりいつもの多良山系へ。

郡岳からの予定でしたが、雨、腹痛のため弱気になり、つげ尾コースに変更です。
どんだけ修行を重ねてもつげ尾への上りはいつもきつく感じるのはなぜでしょう。
経ヶ岳からは、泥地獄が予想される南尾根はさけ、平谷越経由で。
久々来ると鎖場、楽しいです。

つづいて本日の目的、前岳への直登ルートを確認へ。
まず笹岳から中山キャンプ場方面へ下ります。
途中でルートをロスト。マップを確認するとキャンプ場~多良岳ルートのすぐ近く、そのまま真直ぐ下ります。
ルートに合流するとそこからもうちょっと下るとキャンプ場から前岳ルートへ行けそう。
なのでそのまま真直ぐ下ります。
すぐに沢に合流しそこが前岳への直登ルートです。
今までに見た中で最高クラスの苔度!
加えてオオキツネノカミソリの群生!(花はもちろんまだです)
足の踏み場がありません。
金泉寺下の群生地しか知りませんでしたが、ここは沢と苔とのコラボでスゴイです。
花の時期にもう一回いってみよう。
感動しているといつの間にかルートを大きく外れています。
戻るのも大変なので強引にルートを補正し、ルートに合流します。
とにかく踏み跡がはっきりしません。ケルンもありますが、いまいちよくわかりません。
進むべき谷をしっかり歩き尾根に到着したら右に曲がります。
そこからは急登をあがって前岳へ。
前岳の手前でようやく陽射しが!
苔と霧の中歩き続けて山頂手前で見えた光は感動的でした!
前岳から多良岳間のいくつかの展望箇所からの眺めは、最高デース!
気分がいいので五家原への縦走はやめて本日のお山は完了!

何度も訪れているこの山ですが、今回も新発見がありました。
ますます好きになりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン