YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

由布岳山開き・星駆け

とっさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

由布岳・鶴見岳

2015/08/14(金) 10:25

 更新

由布岳山開き・星駆け

公開

活動情報

活動時期

2015/05/10(日) 01:48

2015/05/10(日) 07:57

アクセス:756人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 929m / 累積標高下り 930m
活動時間6:09
活動距離6.14km
高低差815m

写真

動画

道具リスト

文章

昨年行き損なった、由布岳山開きへ行ってきました。

朝の混雑を避けるため、いっそのこと星駆けを。午前1時半スタートです。
正面登山口の駐車場は寝待ちのかたの車でいっぱいでしたが、止めれました。

各々、ぼちぼち写真を撮りながらぼちぼち登っていきます。
月夜のわりには星はよく見えています。
雲海も期待しましたが、由布院盆地に夜霧が立ち込める程度で、現われてくれませんでした。
次回に期待です。

マタエで少し撮影し、東峰へ。このころには次第に空は白みはじめ、星は消えていきます。
しかし、大分市内の夜景は美しく、別府湾、国東半島のグラデーションの移ろいをしばし堪能し、
日の出を待ちます。

しかし、けっこう寒いです。疲れ、眠気、寒さがまざりあって士気が下がり、
もう下りよっか?と話しているその時、お日様が頭を出し始めました。
とりあえずご来光をカメラに収め、またぼちぼち下山します。

それにしても東登山道から日向観察路への道、苔天国ですね。
座る場所もないほど岩にはびっしり苔です。
酸素をいっぱい補給できますね。

まったり、正面広場まで下りてくると、そこには多くの車とすごい人の列。
最後尾に並び順番を待ちます。
30分ほど待つと、記念品の帽子が配られ始め、ついに念願の由布岳キャップを手に入れました。
これでようやく由布岳ファミリーになれた気がします。

その後、志高湖へ移動し、朝食とコーヒー。

神楽女湖までぶらぶら歩き、沼地の生態観察。
アメンボ、イトトンボなどの昆虫や、サンショウウオ、アカハライモリ、おたまじゃくしなどの両生類、
そしてニョロ...僕は見ていませんが。

湖上のポカポカの散策路に這いつくばり水中を見ていると、岩盤浴効果で次第に眠気が。
帰りましょ。

今日は、スロさんがソロ久住だそうでお迎え後、温泉で汗を流しました。

おしまい



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン