YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

細川尾根から登る、武奈ヶ岳

ヤマノボラー・Minaphmさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.1283
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4500枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • ユーザーID:226520
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:滋賀, 京都, 三重
    出身地:和歌山
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
比良山地・武奈ヶ岳・釈迦岳

2018/06/20(水) 17:42

 更新
滋賀, 京都

細川尾根から登る、武奈ヶ岳

活動情報

活動時期

2017/05/05(金) 08:13

2017/05/05(金) 14:28

ブックマークに追加

アクセス

878人

文章

 GWど真ん中の武奈ヶ岳は、とうぜんすごい賑わいです。でも、ほかの人に惑わされず静かにマイペースで登りたいなぁ、なんて思う方にピッタリのコース、歩いてきました。それは、細川尾根。この尾根は、武奈ヶ岳のほぼ山頂から北西にまっすぐ突き出た尾根で、その末端は葛川細川町に達しています。

 車はいつものように坊村の橋を渡った先の葛川市民センターの駐車場にとめ、まず尾根の取り付けまで4kmほど歩きました。出町柳からのバスが25分後だったので、待つことも考えましたが、ウォーミングアップがてら、歩こうと思い立ち、国道の歩道を北へ。葛川貫井町で国道と離れ、集落への道に入りました。バス利用の場合は、貫井のバス停で降りればばっちりです。もちろん、細川まで行って、そこから戻る感じでもいいです。

 細川尾根は入口にベンチがあってわかりやすいです。その後も赤いペンキで杉の幹や石に印を書いてくれているので、迷うことはありませんでした。勾配は、基本的にきつく、距離を取ったグラフで見ていただいたらよくわかりますが、下りに使った御殿山尾根より、だいぶ平均的にきついです。水平距離では2.4kmほどで、ほぼ山頂に着きます。でも、きついだけではなく、標高600mを過ぎればスギ植林から脱出し、その後はブナを交えた大変美しい二次林を登っていきます。花も、スミレ類のほか、イワウチワや、イワナシが上部で見れました。

 案の定、細川尾根は登り始めから山頂近くで一般ルートに合流するまで、誰にも会いませんでした。で、すぐに山頂。ここは人また人。過疎地の寒村から大都会に飛び出してきたような感覚でした( ;∀;)

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間15分
  • 活動距離活動距離10.63km
  • 高低差高低差948m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,121m / 1,113m
  • スタート08:13
  • 3時間26分
  • 武奈ヶ岳11:39 - 12:19 (40分)
  • 2時間9分
  • ゴール14:28

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン