YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

風に癒された伊吹山

ヨッシマンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:
    入山するときの
    緊張感が好きです。
    基本、写真山行のため
    天気は非常に気にします。
    相棒は
    Nikon D700と
    Carl Zeissたち。

    三丁目から山頂へ
    http://tyosshiman.petit.cc/

  • 活動エリア:岐阜, 長野, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:東京
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

伊吹山・御座峰

2015/05/13(水) 12:48

 更新

風に癒された伊吹山

公開

活動情報

活動時期

2015/05/10(日) 07:47

2015/05/10(日) 14:01

アクセス:1509人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,182m / 累積標高下り 1,171m
活動時間6:14
活動距離11.66km
高低差1,157m
カロリー3655kcal

写真

動画

道具リスト

文章

GWで帰省したときに見た伊吹山が緑で苔むしたような山容になっていた。
その時に登りたいと思う衝動に駆られ、今日に至る。

7時30分到着。(自宅から1時間15分)
駐車場はいつもの登山口近くの民家にお世話になる。(500円)
他の民家の駐車場を見ると既に満車状態だ。今日も登山者の多さを物語っている。
麓はやけに風が冷たく肌寒く感じたが、春夏の長袖一枚で準備をした。
(登山届けは前日にネットで終了)

1合目まではいつもの樹林帯。新緑が逆光で映えていた。山頂の好天も期待したい。
伊吹山のアイドル、リンちゃんに挨拶をして2合目へと向かう。
ここでちょっと登山コースに違和感を感じる。昨年と違う。
新たに草木を刈り山道をつくっていた。いつものコースは右側にある。
どうやら植物を保護するための新たな道のようだ。
それ以降の道でもロープ張りが目立ち草花の保護が充実していた。
伊吹山は新・花の百名山でもある。
伊吹山でしか見られない花もある。毎年、花たちを維持するのも大変だ。
知人の話によると一部のマナーの悪い登山者に相当泣かされているようだ。
【とって良いのは写真だけ!】である。

今日はずっと風に癒された山行になった。
水分類は水筒とペットボトル(3本)持参したが、水筒に入れたバームのみで十分だった。
気温が低いと体力も奪われず快適に動けた。
今の時期でも、もう少しカラダに負荷が掛かると思われたが
気象に救われたかたちとなった。
ただ、夏はもう懲りているので、次に登る時は秋になるだろう。;^_^A

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン