YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北八ヶ岳のにゅうへ行って来ました

ochiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:15年ほど前に心臓の病を抱え、すっかりインドアの生活が続いてしまいました。運動は殆どする事なく、車移動が殆どで3キロ歩くのがやっとでした。太り初めてから危機感を感じ、歩こうと思い毎晩3キロ歩いて徐々に距離を伸ばして10キロ歩ける様になりました。こうして山歩きの準備期間が3年ほど続いた後、本格的に山登りを初めてから2年が過ぎました。毎回息切れとの闘いですが、マイペースで頑張りたいと思います。皆さんからの「参考になりました」のボタンが励みになり、続ける事が出来ました。これからも頑張って続けられたらいいと思います。
    まだ初心者レベルなので日帰りで登れる山を中心に、少しずつ経験を重ねて行きたいと思います。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/05/13(水) 12:25

 更新

北八ヶ岳のにゅうへ行って来ました

公開

活動情報

活動時期

2015/05/10(日) 07:44

2015/05/10(日) 13:29

アクセス:279人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,362m / 累積標高下り 1,320m
活動時間5:45
活動距離6.55km
高低差256m

写真

動画

道具リスト

文章

地図を見ていて、気になる名前「にゅう」を見つけ早速ネットで色々調べているうちに行ってみたくなり、行って来ました。横浜の自宅を前日の夜10時に出発。目的地の麦草峠に午前2時ちょっと前に到着。真っ暗なロマンチック街道(国道299号線)はすれ違う車も、全く無くただひたすら私一人。ちょっと怖いと思いながら走っていると、いきなり鹿が飛び出してきてびっくり!心臓は破裂寸前。気を取り戻し走り出すと、また鹿!麦草峠に着くまでに20頭近く居ました。大自然の中を走っている実感を味わいながら走り麦草峠に到着。麦草ヒュッテ近くの無料駐車場には既に4台の車が到着していて仮眠している様子。私もエンジンを止め寝袋に潜り込みしばしの仮眠。外は風が強く時折音をたてて吹いて車を揺らします。気温は5℃、車内も寒いです。午前6時半に起きて、先にある白駒池の有料駐車場に移動してそこからスタートしました。白駒池周辺から登山道まで、かなりの残雪があり、おまけに、夜中の強風で木々が折れて道を塞いでいたり、木の葉が落ちて登山道が分かりにくい状態だったり、木につけれているリボンも有るにはあるのですが途中から無くなったりする区間もあり、その時は数少ない踏み後を探しながら登る状況で決して良い状況とは言えませんでした。立ち止まり周りを見渡し、リボンや人工的な工作物を探しながら歩きました。また、残雪の道は雪が緩んでひざ上まで潜ってしまう事もしばしば。怪我防止にはスパッツは絶対必要だと感じました。私は油断をしてしまい、雪に潜った際に足を痛めてしまい計画していたコースは歩けずに、にゅうまでの往復で終わってしまいました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン