YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

八木山→双子山→愛宕山(名鉄電車で)

mirokuさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ソロで毎週東海地方の低山のどこかにいます。
    好奇心旺盛で無謀な山登りをしてしまいますが、安全に心がけ山に登りたいです。
    よろしくお願いします。

    ヤマレコにもアップしています。
    (ほぼ同じ内容です)
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-135934-data.html
  • 活動エリア:愛知
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

各務原アルプス

2015/05/17(日) 21:39

 更新

八木山→双子山→愛宕山(名鉄電車で)

公開

活動情報

活動時期

2015/05/17(日) 07:50

2015/05/17(日) 12:01

アクセス:370人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 493m / 累積標高下り 491m
活動時間4:11
活動距離8.97km
高低差239m
カロリー1553kcal

写真

動画

道具リスト

文章

日曜日なので今日はサクッと午前中で帰ってこれる山を探したところ、
以前より行ってみたいと思っていた八木山に決めました。
yamapでは記録がなさそうだったのでいろいろとネットで調べて、
岩場や景色のいいポイントが多い割にコースタイムが短いものが多く、
ここなら午前中で戻ってこれるかな?と選びました。

もう一つ候補は手前にあるキューピー山(伊木山)にも行こうと思ったけど
歩く距離がちょっと長いので本日はあきらめた。次回は必ず行きたいと思う。

苧ヶ瀬駅を降りてまずはおがせ池へ向かう。
ここは思っていた以上に景色のいい池でした。公園もきれいで、公園にあるトイレも結構きれいでした。地元の方に感謝です。

各務原自然遺産の森までの道は車の通るアスファルトの道で少し長いです。
途中で公衆トイレもあります。
自然遺産の森は寄らなかったので次回は寄りたいです。

車は通るけどとても気持ちの良い道でした。
地元のワンちゃんを連れて歩いていた女性の方に声をかけられました。
その方が登山口まで一緒に歩いてくれて、登山口のところで登ろうとしていた
おねーさま二人組の方がいて、
「この方たちについていくといいですよ」ということでしばらく一緒に歩いていただきました。

というのも、入り口の標識は地味なもので、もちろんしばらく付いて行っても標識などは全く無く。
踏み跡があるけど、多分、一人で行ったらちょっと迷ったかなと思います。
道は整備された道ではなく、ほんとうに自然の道です。
なので距離はそんなに無いけどスニーカーなどで歩くのはちょっとしんどいと思います。
少し傾斜もあって歩きにくいところもあるけど(私は好きな道です)
おねーさま二人組はお話しながらどんどん歩いていきます。
毎年来られているようです。
「この山はいいよ~もう少し行くといいところがあるよ~」とのことでワクワク。

ほんとうにその通りで、景色の良い場所が結構たくさんあって楽しめました。
岩場も多く、楽しいです。ただ、ところどころザレてるところで思わず転んでしまうことも。
(八木山山頂寸前で一度大胆にすっ転んでしまいました~)

しばらく行くと、「私たちはゆっくり行くから先にどうぞ。」
と言われそこから一人で行きました。
人は少なかったです。地元の女性の方に会いました。それからご夫婦の方とすれ違いました。
お一人、トレランの若い方にあったかな?
静かに歩ける山でなかなかいいです。

実は本日の山行の目的は他にもありました。
トレッキングシューズを新しく買ったのでその履き心地の確認、
それから仕事用に買ったデジカメの試しでした。

シューズは初めて履いたのにとっても履き心地がよかったです。
靴擦れなどももちろん全くなし。でもサイズが少し大きかったかな?
かなり指のところの余裕があったので次回は付属の中敷きを使ってみます。

デジカメは…
あまりにも山が楽しくて出すのが面倒になってしまい結局いつもの
iphoneでの撮影になりました。

舞台のような大きな岩の上でちょっと撮影タイムアンド、
おやつタイムしましたがとてもいいところでした。
この時期は虫が多いので落ち着いてゆっくり食べていられなかったけど、
秋ぐらいにゆっくりご飯食べたいような場所でした。

何度も来たくなるような素敵なお山でした。

帰りは予定の場所と違うところへ降りてしまいました。
あまりこの山の情報が無かったので他にもいろいろな道があるようで
また登ってみたいです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン