mariさん

  • マイスター  ブラック
  • 自己紹介:夫婦で山歩きしています。
    夏は標高の高い所。冬は千葉に籠ります(笑)
    ブログはこちら→http://ameblo.jp/ray-mari/
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1960
  • 活動エリア:東京
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

両神山・父不見山・南天山

2015/05/18(月) 14:30

 更新
埼玉, 群馬, 長野

両神山

活動情報

活動時期

2015/05/17(日) 05:56

2015/05/17(日) 14:18

ブックマークに追加

アクセス

322人

文章

山歩きを始めてからすぐに地図を買ったものの7年ほど見向きもしなかった両神山。
なんだか来るな~って言われてるような気がして・・・^_^;

近場の百名山でまだ登っていないのは両神山だけなので今回登ることにしました。
(百名山を狙ってる訳ではありません)

登山口は日向大谷。
土曜の夜に向かいましたが、途中幅の狭い道で落石があったりしてやはり初めての道は心細い。
オマケに予定外の雨も降ってくるし。

駐車場は4カ所ありました。
一番上が両神山荘の駐車場(たぶん登山者も止めてもいいと思われます)
その下がバス亭の駐車場(アスファルト)
その下に砂利の駐車場が2か所ありました。
両神山荘の駐車場とバス亭の駐車場は有料です(500円)
トイレは両神山荘駐車場にきれいなトイレが(有料のようでしたが)
バス亭とその下の駐車場の間にきれいとは言えないトイレがありました。

登山道は両神山荘から会所まではほとんどアップダウンありません。一ヶ所鎖場がありました。
会所を過ぎて木橋を渡るとだんだんと傾斜もまし、徒渉も何ヶ所かあります。
最後の徒渉を終えると九十九折の急登。
八海山と呼ばれる場所を過ぎ弘法の井戸の水場を過ぎ急坂を登ると清滝小屋が現れます。

小屋は現在は営業してませんが、避難小屋になってるようで、水場あり、きれいなトイレあり、整備されたベンチとテーブルあり、テント場までありました。

小屋を過ぎるとまたまた急登。鈴が坂と呼ばれる坂を登り終えると産体尾根に入ります。
ここからは鎖場も次々に出てきます。

両神神社からは少しほっとする道を歩いたあと、また鎖場通過で山頂です。
山頂は狭く長居はできないので写真を撮ってすぐに下り、少し先の岩場で無線運用しました。
帰りは両神神社でお昼を食べて下山です。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間8時間22分
  • 活動距離活動距離10.07km
  • 高低差高低差1,104m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,063m / 2,005m
  • スタート05:56
  • 2時間14分
  • 清滝小屋08:10 - 08:36 (26分)
  • 1時間14分
  • 両神山09:50 - 10:51 (1時間1分)
  • 1時間38分
  • 清滝小屋12:29 - 12:38 (9分)
  • 1時間40分
  • ゴール14:18
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン