YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

十勝岳 (2077m)~美瑛岳(2052m) 月明かり&ご来光・・・追悼の思いを込めて

naoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:札幌近郊の山を中心に、全道の山を登っています(^o^)
    雪山シーズンが終わり、山菜ハンター・星空・ご来光・夏山日帰り・テン泊と色々やりますよーー
    札幌50峰、ラスト1座(余市岳)を目指します^^v
    北海道100名山も踏破しつつ、ゆるーく山ごはんもやります~♪
  • 活動エリア:北海道
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:北海道
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

十勝岳・富良野岳・美瑛岳

2017/05/16(火) 16:09

 更新
北海道

十勝岳 (2077m)~美瑛岳(2052m) 月明かり&ご来光・・・追悼の思いを込めて

活動情報

活動時期

2017/05/13(土) 23:09

2017/05/14(日) 13:06

ブックマークに追加

アクセス

400人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間13時間57分
  • 活動距離活動距離15.64km
  • 高低差高低差1,143m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,734m / 1,741m
  • スタート23:09
  • 1時間5分
  • 十勝岳避難小屋00:14 - 00:39 (25分)
  • 2時間38分
  • 十勝岳03:17 - 04:52 (1時間35分)
  • 3時間21分
  • 美瑛岳08:13 - 08:44 (31分)
  • 4時間22分
  • ゴール13:06
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

十勝岳 (2077m)~美瑛岳(2052m) 月明かり&ご来光・・・追悼の思いを込めて

今回のご来光は、先日亡くなった知人に捧げるご来光ハイク・・・
空高く祈りを届けに向かいます!!

朝一番の天気と昼前からの強風予測を避けるため、23時からアタックです!
望岳台シェルターは快適に準備ができますね^v^
まずは、しっかり準備してから向かいますよ~~

望岳台にから望む山々は、月明かりに照らされて、シルエットが見えています。
風もなく、方向を見失うこともありません。ただ、気温が高く、雪の踏み抜きに苦労します^^;
小屋まで来たら一息ついて、街明かりをゆっくり撮影します^c^
おやつタイムをとり、急登に挑みます!

やはり踏み抜きがあるのと、トレースは下山の物で歩幅が合いません^^;
時間に余裕があるから急がずにのんびり進みました^c^
風向きで火口からのガスがきつい場面もありメンバーには苦労かけました^^;

山頂直下でも、岩が出ていたり踏み抜きが多く、
途中でアイゼンを装着しましたが、アイゼンなくても行けるので、
つぼアシに変更ーーそのまま山頂まで行けたよ^c^

山頂に到着するとモルゲンに染まり替わる空をゆっくり見れました~♪
風は時折強く吹きます。ガマンできるくらいなので、1時間半も眺めちゃった♫

今日の目的は、先日亡くなった知人にご来光の瞬間の祈りを捧げること!
雲の隙間からご来光が見れたので、そのタイミングで祈りました・・・空も近いし届いたかなーー
山頂から見る、雲海ご来光は極楽のようでした・・・

十勝岳には、ソロ男性とソロ女性と一緒になりました。
空が青くなりだし、時間と天気の状態も良いので、美瑛岳に縦走することに^v^
十勝岳を降りて振り向くと、白い山容と青空が美しかったです♪

ドロドロの稜線歩きと踏み抜きで、ここからが時間かかりました^^;
風の影響を受けにくい斜面で朝食を食べて、元気復活!!
オプタテシケ・トムラウシ・ニペソツ・ウペペサンケ・石狩岳などなど、周りの山々を一望しながら進みます^v^
美瑛岳を目前に、爆風が吹き付けてきました!
吹き飛ばされそうになりながら、なんとか山頂に到着!!
美瑛岳山頂からの絶景を今年も見ることができました^v^
ここからのゼブラは最高ですね~♪
360°のパノラマも言うことありません^v^

ここからオプタテシケが近くに見えて行こうか?!・・・即却下されます^^;
そーだよね、帰りましょ^c^
尾根を踏み抜きながら進み、滑れそうな所まで降りてきたら、尻ボータイムです!!
雪が柔らかく、滑りにくい所もありますが、下の方に来るとロングで滑れました♫

ハイマツを下がり過ぎると厄介なので、コースを確認しながら進み、
一部コースに戻るためハイマツを10mほど乗り越えて、
通常コースに到着。
ここからが大変^^;
踏み抜き地獄に加え、滑落危険斜面のトラバースと気が抜けない場所なんです!!
安全地帯まで降りてきたら、尻ボーが楽しめるよ♫

下まで滑り降りたら、沢渡りのポイント探し・・・
遠くから見ても、雪庇が崩れてるじゃないか!
安全そうな場所を見つけて、一気に渡るよ!
クラックも入っているから、渡る場所は慎重に選びましょうーーー

広いオープンバーンでBCをしているチームが、斜面滑走してて気持ちよさそうでした♪
いいな~~スキーで滑りたかったです^^;来シーズンまでお預けだわ!

望岳台との合流地点まで戻り、最後の斜面を尻ボーで滑りきれば、あと少し!
ガレ場をトボトボ歩き、やっとゴーーール!!
長い一日でした^^;
振り返ると、雄大な十勝岳連峰が快晴に映えています♪
こんな快晴に登れて感謝感謝^v^
山神様~♪ありがとうございました!!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン