YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大先輩に道を教えて頂いた瓢ヶ岳・奥瓢周回

山川遊さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:還暦過ぎたじじいです。遥か昔は「雪よ岩よ」の時期もありました。40年のブランクを経て、5年前に同世代の友人と雪山カムバックしましたが、その友人が山が出来なくなって。自身は2015年末に関節リュウマチになりイテテです。いっそ、ユルユルで行こうと思い、装備の軽量化とユルユルテン泊で山を遊ぼうと思う。「ユルユルテン泊」とは若者が日帰りするルートを1泊して、より長い時間山を楽しもう、という贅沢です。
    夏は西洋毛ばり(フライフィッシング)もね。
    FB:https://www.facebook.com/motoetsu.kobayashi
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:長野
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

瓢ヶ岳・高賀山・片知山

2015/05/17(日) 16:09

 更新

大先輩に道を教えて頂いた瓢ヶ岳・奥瓢周回

公開

活動情報

活動時期

2015/05/17(日) 07:21

2015/05/17(日) 11:46

アクセス:470人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 993m / 累積標高下り 1,026m
活動時間4:25
活動距離9.40km
高低差461m
カロリー2027kcal

写真

動画

道具リスト

文章

日曜日でもあり、近場の1000mの山・瓢ヶ岳(1163m)へ行った。
今回は瓢ヶ岳から奥瓢周回して、時間があれば今淵ヶ岳周回出来ればと思い。。
中美濃登山口経由で骨が平、瓢ヶ岳までは何回も歩いた道。
瓢ヶ岳から奥瓢への道をまず、間違えて、、頂上に戻り、大先輩に道を訊ねた。
頂上から骨が平へ少し戻り、無事に道に入った。。 標識が全く無い。
奥瓢は岩があるだけではないか。。
その先でわけの判らない標識で悩んだ!!
分岐でも無いのに分岐のような標識。。
下りで間違えると登りなおすのシンドイので、右往左往。
ヤマップのGPSもルートから少し外れているように見えたので瓢ヶ岳へ戻る事にした。
そこで、出会ったのが先ほどの大先輩。
御歳77歳という元気な大先輩に導かれて、、無事「中美濃登山道」を下った。
中美濃登山道はなんと駐車場が1000mなので標高差200mで瓢ヶ岳へ行ける。
中美濃登山口で大先輩と別れたが、「どうしても車へのって行け」と誘われて。
丁重に辞退して、林道歩き。
今淵ヶ岳への分岐を見つけたが、やーメタで駐車場へ。

駐車場でマットレスを背負ったグループを見つけた。
「なんで、マットレス運んでんの?」と聞いたら、「この先で岩登りのトレーニングする」という返事。
ええ!!、今は岩登りの練習で下にマットレスひく??
大昔、私が岩やっていた時はそんなもの無かったぞ。。
本ちゃんの岩登りでは下にマットレスなんてないぞ。。。
バットレス(北岳)や大同心(八ヶ岳)へマットレス持っていくんか?

じじいの考えでは、練習から本気でやらないと本ちゃんで落ちる。。
実は大昔、岩の練習で知り合いが落ちて怪我しました。
この知り合いは、本ちゃんの岩には最後まで行かなかった。
その方が本人の為にはいい。
多分、練習で落ちるやつは本ちゃんでも落ちます。

今は岩登りの練習で下にマットレスひく時代なんですね。
びっくりした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン