YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪彦山

テントレックさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地図を探していてこのサイトにたどりつきました。
    一年通じて、山歩き、岩登り、沢登り、山スキー(テレマーク)、シーカヤックなど自然の旅を楽しんでいます。依頼があればガイドもします。http://www.tentrek.net/
  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:ガイド
  • その他 その他

檀特山・朝日山

2017/05/17(水) 10:14

 更新
兵庫

雪彦山

活動情報

活動時期

2017/05/16(火) 11:54

2017/05/16(火) 15:41

ブックマークに追加

アクセス

385人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間47分
  • 活動距離活動距離1.15km
  • 高低差高低差208m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り314m / 158m
  • スタート11:54
  • 3時間47分
  • ゴール15:41

写真

動画

道具リスト

文章

集合場所の雪彦の「大曲」は、たしか携帯が通じたはずと思っていましたがauは圏外で、地図の取得ができませんでした。
アップロード済の地図で入れてみたので山域が「檀特山・朝日山」になり、実際登った雪彦山と違っています。地蔵の頭付近で電波が通じたのでしょうか訳のわからない軌跡が残ってしまいました。

久しぶりの雪彦です。20~30代の頃、この山に通いづめでした。
ほとんどの岩場を登りつくした後、ルート図なんかも描いたりしましたが、友も去り、時代も登るやり方も変わり、そして何よりももはや登れる体でもなくなってこの山から遠ざかってしまいました。

今日は、夏に予定している剣のメンバーとの顔合わせと登り方の練習ということで総勢6名で地蔵の東稜を登りました。
東稜や三峰へのアプローチは不行沢の谷芯を行き、スラブ滝、チョクストンを越えていました。今は両岸にバイパスのように道ができ、ペンキのマーキングまでされています。岩場に残置された不要なまでのペツルとともに、これも山と岩の遊園地化の兆しなのでしょう。当の不行沢はそんなわけで通る人もなく、倒木と苔むした岩で荒れ果てていました。

地蔵の東稜は雪彦ではやさしく明るいので、一番人気のある岩場です。ルート図のように幾本ものルートがあり、東稜エクストラはここでは最難度のルートでした。運動靴でここを駆け登った力量はもはやないのですが、東稜のノーマルは今でも私が登ることのできるルートとしてやさしく迎えてくれるのです。

地蔵の頭まで登って、この6人で剣岳を登るための必要な課題はだいたい見えてきました。
終始、笑いのある明るいパーティになりそうです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン