YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初・渡神岳 【動画】

ゆりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2013年10月,仕事仲間と宝満山に登ったのがきっかけで山にハマってしまいました(*´з`)
  • 活動エリア:福岡, 熊本, 大分
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

御前岳(福岡県・大分県)・釈迦ヶ岳

2015/05/18(月) 00:25

 更新

初・渡神岳 【動画】

公開

活動情報

活動時期

2015/05/17(日) 11:36

2015/05/17(日) 15:24

アクセス:898人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 571m / 累積標高下り 572m
活動時間3:48
活動距離6.43km
高低差245m
カロリー1601kcal

写真

動画

道具リスト

文章

11:36 登山口
13:05 渡神岳 ~14:08
15:23 登山口

最高点の標高:1093m
最低点の標高:897m
累積標高(上り):333m
累積標高(下り):320m
歩数:19000

前日の土曜日は朝から雨。久しぶりに家でゴロゴロしていました。
日曜日は晴れ!さて,何処に行こうか。
abeちゃんのお誘いに乗って宝満山に行こうと思ったけど,めちゃくちゃ多そうなので止めることに(#^.^#)
それで,4月26日に釈迦岳に登った際に,杣の里渓流公園の先の通行止めが解除になっていたのを確認していたので,前々から行こうと思っていた渡神岳に行くことにしました。

渡神岳の記録を検索(ヤマレコ)すると,KUROCHANの昨年の7月28日の記録が最新でした。
人気が無い山だとは思っていたけど,ここまでとは(+o+)
しかも,他の方の記録を見るといのししに遭遇したとか書いてあるし…
正直止めようかなと思ったけど,椿ヶ鼻ハイランドパークがスノーピーク奥日田に変わっているみたいなので,帰りに立ち寄ることを楽しみにして,渡神岳山行を決行することにしたのでした。
すると,タイミング良く,宙さんから明日八女日向神のゲレンデでクライミングの練習をするよとメールが入ったので,山に行く前に顔を出すことに。

迎えた当日は晴れ☀
日向神ダムのゲレンデに着き,宙さんとRikaちゃんに挨拶をしていると,前を通る車の方が,「もうすぐダムの水を放水するのでしぶきが飛んでくるかもしれませんので」と言われて過ぎて行かれました。
何?放水?それは見ないと!!サイレンの音がしたので慌てて行くと,9時15分からの放流だからその5分前に再度サイレンを鳴らしますと言われたので,一旦ゲレンデに戻り2人の練習風景を傍観。すると再びサイレンが!!
のんびり歩いて行ったらタッチの差で放流が始まってしまいました(+o+)

1秒間に350トンの水量。小学校のプールは1秒で満タンになるとか。
黒部ダムの水の出口は1.9mだけど,日向神ダムは2.1mなので20㎝大きい。現在は発電機が故障しているので,その直径2.1mの丸いところから放水しているけど,発電するときには違うところから放水するのでこのようなのは見られないよと九電の方が説明してくれました。そして、11時まで放水を続けるので,これから釣りをすると言って去って行かれましたwww 魚が遡ってくるのだそうです(^^)

ダムの放水をしばらく見た後,宙さんとRikaちゃんの練習をしばらく傍観して,私は渡神岳登山口へと向かったのでした。

山行中の様子は写真&コメントをご覧ください。省略させて頂きます(^^)

荒れた登山道を想像していましたが,意外にも整備されていて,ビックリしました。
それに,カラ迫岳位の軽い感じと思っていましたが,急坂の連続で思ったよりハードでした(~_~;)

ちょっぴり期待していたツクシシャクナゲの花は全く見られませんでしたが,何より新緑が素晴らしかったですね!!グリーンシャワーをたっぷり浴びました(^^)v

山頂は独り占めだったので,タイマーで自撮したり,寝転がったりして,思いのままに時間を過ごすことが出来ました。

下山後は,予定通りスノーピーク奥日田に寄り,店員さんと楽しくおしゃべりをして,1つだけ買い物をして帰りました。

スノーピーク奥日田からの眺望はとても素晴らしいので,今度テン泊してみようと思います。予約要るのかな~ 聞いてくれば良かったよーー(+o+)

*********************************************

★渡神岳
釈迦岳・御前岳・渡神岳を合わせて津江三山とも称し,周囲の山も含めて総称して釈迦連峰と呼ぶことも。
昔,神功皇后が三韓征伐戦勝のお礼に神を迎え祀ったことから渡神岳と呼ばれるようになった,あるいは,その戦勝の礼にこの山に登った神功皇后を慕って10の神々が山頂で舞楽を奉したことから十神岳と呼ぶようになり,後に渡神岳に変わったなどの説があるようです。

★登山口までのアプローチ
九州自動車道八女ICから国道442号線を東に進むか,大分自動車道日田ICから県道9号線を南進して椿ヶ鼻ハイランドパークを目指します。椿ヶ鼻ハイランドパークから舗装路を北東にわずかに進み,発電用の風車から右に延びる車道を行くとすぐに広場があります。この広場の奥にトーテムポールの標識が目印の登山口が有ります。
(八女ICから車で約1時間30分)

★スノーピーク奥日田キャンプフィールド
椿ケ鼻ハイランドパークをスノーピークがキャンプフィールドとして4月10日からプレオープンしています。
詳しくはこちら↓をご覧下さい。
http://www.snowpeak.co.jp/okuhita/
スタッフの方もとても素敵な方たちでした。皆さん是非お出かけ下さい。
※風力発電を利用した準天然温泉「風の湯」は,GWと夏休み時のみの営業のようです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン