YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

残雪の涸沢&涸沢岳、最終日の記録がない!(TT)

こっこさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫が単身赴任であちこち行くのでそれに便乗し、押しかけ山女房としてあちこち登っています。

    2014年にYAMAPに出会い、コメントのやり取りで知り合った沢山の人達と山に登りました。

    これからもよろしくお願いします(^^)/~~~
  • 活動エリア:その他
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/05/22(金) 08:01

 更新

残雪の涸沢&涸沢岳、最終日の記録がない!(TT)

公開

活動情報

活動時期

2015/05/15(金) 07:27

2015/05/17(日) 12:45

アクセス:1174人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,349m / 累積標高下り 5,226m
活動時間53:18
活動距離26.19km
高低差1,656m
カロリー1952kcal

写真

動画

道具リスト

文章

5/15~5/17
この3年恒例になっている残雪の涸沢テン泊に行ってきました。最終日涸沢岳に登るも記録がない!無念(TT)

《記録、ヘンテコな日付でありました!九州に帰ったら軌跡を合わせます_(^^;)ゞ
良かった~》→ 5/29軌跡を合わせました。と言っても横尾でバッテリー切れで終了です。休憩時間がすごいこと        になってる(*_*; 5/15と5/17にの記録を合わせたので5/16の1日分がまるっと休憩時間?

今回の涸沢岳で涸沢カールを囲む前穂、奥穂、涸沢岳、北穂を登り終えた。明神はムリ!

涸沢岳は標高3110m、北穂は3106m。北穂より高い!しかも涸沢岳~北穂は大キレットに劣らない難ルート。なのに、北穂と奥穂に挟まれて奥穂に登っても涸沢岳はスルーされるかわいそうな山ですが、立派な3000m峰でした(*´-`)


5/15(金曜)
《上高地~涸沢カール》

5/14沢渡に前泊して、5/15タクシーで上高地へ

7:30
登山届けを記入して、出発。
情報では今年は雪が少ないとの話。
でも本谷~涸沢カールは例年通り。ただ、途中雪崩より落石が多いのはやはり気温が高いから?

14:30
涸沢ヒュッテ着、テントを張って恒例のおでんとビールで乾杯♪
この時期テラスは閉まっているので、中で乾杯~(*´∀`)♪

夜はモツ鍋。夜中雨の音で目が覚めた(;o;)

5/16(土曜)
《涸沢カール停滞》

目が覚めたら、やっぱり雨(TT)

ヒュッテでは大阪から来た若いご夫婦が、9時には雨が小降りになったので穂高岳山荘に向けて出発。

私達もホントは今日奥穂か涸沢岳に行く予定だけど悩んだ末、明日登って上高地に下山することに変更。
天気予報では、昼からくもり。15時位から晴れ。多分今日登っても景色は見えない!と自分に言い聞かせて明日に賭ける(^^;
ヒュッテにも、『自分の都合で山に登るのではない。山の都合で登るもの』とポスターが!いい言葉だ(*´-`)

1日暇なのでヒュッテに遊びに来たら、ガイドさんがロープワークをしていた。
お昼からは滑落停止訓練をしていたので、ガイドさんたちがザイテンに行ったあと、同じ場所で私達も滑落停止訓練をした。結構急な坂でされてました!
たしかに急でないと意味無いしね(^^;

夕食はヒュッテに頼んでいたので、暖かい部屋でまったり食事できました♪

ガイドさんのお客さんの一人に、ロープワークや滑落停止訓練を教えて貰っていいですね!と話すと、「実は父親なんです。無理矢理仕事休み取らされて、連れてこられました!」とのこと。山好きの人が聞いたら羨ましがられるよー(*´-`)
夜は雪がちらついている。明日は雪が締まっているはず。

5/17(日曜)
《涸沢カール~涸沢岳~涸沢カール~上高地》

2時起床、空には星が輝いている!

3:15
涸沢のテン場を出発。雪は締まっている!ヘッドライトの灯りが頼り。

4:00
空が白み出した!
4:45がモルゲンロートの予報。振り向けば常念が茜色。
今まで涸沢のテン場から見ていたモルゲンロートの中を登っている。これ以上の贅沢はない!
幸せいっぱいになるけど、ここはGW に滑落事故で2名の命が喪われている場所。気を引き締めて白出のコルにある穂高岳山荘を目指す。

5:35~5:45
穂高岳山荘到着。奥穂は時間的に無理なので、アイゼンとピッケルを置いて涸沢岳を目指す。

6:10~6:25
涸沢岳は完全に雪が融けて夏道。
山頂は二人で一杯。狭い!写真を撮るとすぐ穂高岳山荘に下山。

6:45~7:10(朝食休憩)
穂高岳山荘には、昨日の大阪のご夫婦がいた。夕日が雲海に映えてとても綺麗だったそうだ。
数年前奥穂に登った時、奥穂の山バッチが売り切れて買えなかったけど今日は奥穂と涸沢岳の山バッチを買えて満足。

8:50~10:30
テントを撤収して奥穂から下山してきた人達と写真の撮り合いっこをして下山。これから上高地へまっしぐら(TT)

11:50
本谷橋(橋はまだ掛かってない)で昼食

12:53
横尾で休憩、ペプシコーラとオランジーナで乾杯(^^)
3日間一緒だった韓国のお兄ちゃんからチョコレートバーのプレゼント(*´∀`)♪
彼はソロで同じテン泊。
金曜からのテン泊組は3組で、一組は1泊だった。
残念なことに名前を聞くのを忘れていた。ありがとうとカムサハムニダとあとはボディーランゲージでなんとかなるもんです(^^)v

13:50
徳沢はニリンソウは勿論、フッキソウも群落があるので写真に収めて明神に急ぐ!おかげでソフトクリームも食べる暇なし(TT)

14:50
明神で休憩、肩と腰が痛い!
ここでまた、大阪のご夫婦とバッタリ(^^)
お互い、大阪と名古屋まで車!安全運転で自宅に無事下山しましょう!

15:40
上高地バスセンター到着~(=_=)
もう、ヘロヘロ。
なのに16時のバスは満員で乗れず(TT)
次は16時半!急がなくてもよかったじゃ~ん(=_=)と思っていたら、臨時便が出て15分には上高地脱出(^^;

よく考えれば3時から歩きっぱなし。涸沢岳まではサブザックのピストンだけど13時間近く歩いた事になる。足の裏がヒリヒリする!
夫ともう、無理が利かない身体になったねとお互い労り、いつもの梓湖畔の湯で3日間の汗を流して無事帰宅しました。

しか~し、スタートと終了を押したのに最終日の核心部の記録がない!ナゼに(。>д<)
(1970年1月2日スタートで記録されていた!)

夏に機種変するまで私のスマホよ、頑張ってね(*´-`)

私の道具に載せてるテントの写真は2013年5月の涸沢のときの写真です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン