YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2015年5月22日〜23日の六甲山!

モトノリさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ホームグラウンドの金剛山で修行をして1年に1回ぐらい日本アルプス等に挑戦しております。
    今年は、テント泊登山に挑戦したいと思っております🎵(^^)v
  • 活動エリア:和歌山, 大阪, 奈良
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:和歌山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2015/06/02(火) 20:50

 更新

2015年5月22日〜23日の六甲山!

公開

活動情報

活動時期

2015/05/23(土) 10:53

2015/05/23(土) 17:03

アクセス:399人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,517m / 累積標高下り 1,413m
活動時間6:10
活動距離11.46km
高低差638m
カロリー3025kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今週は、会社の山仲間と六甲山系でテント泊宴会を開催する事になりまして参加してきました🎵(^^ゞ
メンバーの仕事の都合がありましたので開催場所の五助堰堤で集合する事となり自分は、午後から休暇が取れましたので先発隊で現地に向かいます。
JR住吉駅から住吉川沿いを六甲山方面に向かい登山道に入ります。所々に道標もありほぼ迷う事もなく五助堰堤に到着しました。管理された場所ではないのでテント場の確保とキャンプファイヤーのための薪集めをします。夕方に食材の買い出しをしてくれていた1名が到着して夕食の準備を進めます。日没後に残りの2名も到着して大宴会開始…(^^; メニューは、定番となったキムチ鍋(みそ風味)と鳥のもも肉のホイル焼き(塩コショウ味、みそバター味)もやしのホイル焼き(塩コショウとバターで味付)となかなか充実した内容となりました🎵(^^)v
他に野営されている方も居なかったので焚火を囲んで深夜まで盛り上がってしまいました…(^^; 宴会終了後は、面倒だけど必要最小限の後片付けは、しっかりと行います。獣に荒らされると大変ですからね!片付け後に良い気分のままテントに転がり込めるところがテント泊の1つの魅力でもあります。荷物は、重いですがそれを超える幸せが待っています。午後出発でこれだけの充実した時間を過ごせた事に感謝して1日目終了。

2日目は、メンバーそれぞれの家庭の事情等で現地解散となっておりましたので自分は、とりあえず六甲山山頂に向かう事にしました。YAMAPは、ここから起動します。五助堰堤の主と言われる夫婦の鯉に挨拶して出発!登山者のオジサンに教えてもらった水場を確認して山頂を目指します。しかし、55リッターのザック満タンの荷物がずっしりと伸し掛かってきます…(^^; 普段の金剛山では、脚力強化のためにストックは使っていないのですが流石に今回は、サポート隊として参加してもらいます!(^^) 住吉川沿いの登山道を進みます。山頂に近付くにつれていくつかの登山道が合流していき登山者が増えてきました。テン泊装備を背負って登る人は、ほぼ居ないのでかなり場違いな感じですが金剛山での修行効果とストックのサポートパワーでガツガツ登れました🎵(^^)v
無事に山頂に到着して昼食休憩を取りこの後のプランを検討します。装備と体力的には、六甲山縦走路を須磨方面に向かうか宝塚方面に向かう事も出来そうでしたが今回は、無理をせずに有馬方面に下山する事としました。六甲山から有馬に向かうメジャールートの魚屋道を下ります。道幅も広くて整備も万全ですので走り出したいところですがスピードトレッキングで順調に下り有馬温泉に到着!まずは、梅田行きの阪急特急バスの指定席を予約しに行きます。やはり混雑しており最終便の18時40分発しか空いておらずとりあえず予約します。待ち時間は、2時間程でしたのでのんびりと温泉に入り疲れを癒して帰宅としました〜🎵(^^)v

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン