YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

迷いの森の静ヶ岳

3232さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

釈迦ヶ岳(鈴鹿)

2015/05/24(日) 14:29

 更新

迷いの森の静ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2015/05/23(土) 06:39

2015/05/23(土) 12:32

アクセス:129人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,364m / 累積標高下り 1,364m
活動時間5:53
活動距離11.73km
高低差415m

写真

動画

道具リスト

文章

セブンマウンテンズ4座目は展望が楽しみな竜ヶ岳。宇賀渓からが人気のようだが、石榑峠から竜ヶ岳、静ヶ岳経由銚子岳まで縦走路往復に決定。

石榑峠は滋賀県側からしかアクセスできないとは知らなかったが結果オーライ。峠は付近の路肩を含めると10数台駐車可。6時半で先着は6台。

登山口はわかりやすい。急登40分程で展望のある尾根に。生憎薄曇りだが、低い笹原の中の尾根歩きはとても気持ちいい。山頂は丘のようで、とても広く、360度のパノラマ。ここまでは良かった。

静ヶ岳に向かう途中、宇賀渓との分岐から先は踏み跡が薄い。途中で鹿を見た。静ヶ岳分岐から静ヶ岳へは展望のない尾根を登る。山頂も展望なく、早々に引き返すが、分岐手前でミスコース。

結構迷って分岐に復活。気を取り直し、銚子岳を目指すが、分岐直後の平坦な林で再び道がわからなくなった。丁度銚子岳から来た人に会い、聞いた通り目測だけで進んだところ、林の先でルートに戻れた。

銚子岳分岐手前は急登だか分岐からは平坦。ここも山頂は展望はなく、狭い。早々に引き返す。行きに迷っても帰りは迷わないものだと思っていたが、帰りも迷った。地図のルートがGPSと違う。やむなく手近な尾根に上がったら静ヶ岳への尾根だった。静ヶ岳巻き道の林、恐るべし。

結局展望があるのは宇賀渓への分岐までだったし、やはり竜ヶ岳は宇賀渓から登るのが正解とわかった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン