YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

獅子が鼻山登山道整備可能性調査

スギゴンさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:群馬県沼田市のたんばら高原でペンションをやってます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1957
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

武尊山・鹿俣山・尼ヶ禿山

2015/05/27(水) 17:51

 更新

獅子が鼻山登山道整備可能性調査

公開

活動情報

活動時期

2015/05/27(水) 07:48

2015/05/27(水) 14:03

アクセス:459人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,736m / 累積標高下り 1,761m
活動時間6:15
活動距離8.39km
高低差466m

写真

動画

道具リスト

文章

 たんばら高原の登山道は鹿俣山(1637m)まで整備されていますが、その先は廃道状態になっています。これまで、積雪期には何度も行って、その展望の良さを実感しています。
 無雪期にも多くの方々に楽しんで頂きたく、ペンション村の有志が中心となって、廃道を再整備する活動をしています。登山道の整備・維持管理にはいくつもの役所の合意が必要で、とんちんかんな反対論もあり、簡単ではないのが実情です。
 今回は鹿俣山から獅子が鼻山(1875m)までの廃道を調査する予定で、地主である林野庁の入林許可をとっての入山でした。薮こぎが思いの外たいへんで、手前の無名峰(1720m)までしか行けませんでしたが、ここからの展望は素晴らしく、奥利根の上越国境の山々がよく見えました。
 ルート上にはところどころ残雪があり、暑くなった身体を冷やしてくれるので、休憩には最適でした。かつてのルートはほぼ稜線沿いにあったようですが、ほとんどが、笹なので、大きな木を伐採する必要もなく、整備そのものはそう大変ではないことが確認出来ました。この時期は、稜線からちょっと北側に下ったところにムラサキヤシオツツジ、アズマシャクナゲがきれいに咲いているので、これらに影響が及ばないように注意する必要はあるでしょう。
 無名峰の山頂は広く、危険な箇所も見当たらないので休憩にも適した場所であることが確認出来ました。ただし、今日は日差しが強く暑かったので、展望を楽しんだあとは、ちょっと下った残雪上の日陰で休憩しました。
 「まずは、無名峰までの廃道整備を早期実現をしよう」というのが今回の調査隊の結論でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン