YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

家族4人で鞍掛山登頂

よしさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:長男(当時5歳)が、那須茶臼岳に登頂したことが何となくのきっかけで、家族4人低山登山をしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1971
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

古賀志山・赤岩山・鞍掛山

2015/05/31(日) 01:54

 更新

家族4人で鞍掛山登頂

公開

活動情報

活動時期

2015/05/30(土) 11:33

2015/05/30(土) 14:52

アクセス:115人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 904m / 累積標高下り 948m
活動時間3:19
活動距離4.14km
高低差329m

写真

動画

道具リスト

文章

 活動記録第1号。夫婦+小学3年生+2歳児(背負い)で山歩き。
 登山口の駐車スペースが少ないとの情報があり、不安であったが、到着時刻が11時頃と遅かったためか、3台程度のスペースに1台停車していたのみ。
 登り始めて数分後、下山者から「分岐を左に行くと急なので右から登った方がいい」とのアドバイスを受けるも、急坂を下山する方が怖いのと、事前情報で得た鎖場は、登りで行きたいと考えていたこともあり、折角の御好意の助言であったが、分岐を左に進んだ(写真3)。
 この助言にあった通り、心臓破りの急登が分岐から30分も続いたため(写真5)、登山では殆ど寝ている背中の2歳児が上下左右に揺さぶられて起きてしまった。
 急登が終わると数分で鞍掛山の山頂に到着したが、登山口からここまで森林の中を歩いてきており、期待していた眺望は皆無であった(写真6)。
 持参した弁当を広げる気にもなれず、この先の大岩まで10分程度進むと、文字どおりの大岩に梯子が掛けられており、まず3年生が登り、私が続き、目覚めてここまで歩いてきた2歳児を受け取って引き上げた(写真7,8)。
 引き上げ作業中、チラッと視界に入った景色から、絶景のオーラを感じてはいたが、あらためて目を向けて見ると、そこには感嘆の声を上げてしまうほどの眺望が広がっていた(写真9)。
 この日は快晴で汗ばむほどの日差しが降り注いでいたため、2歳児と保護者1名は僅かな日陰を探して弁当を広げ、3年生と私は支給されたおにぎりを手に、日差しで熱せられた岩に腰掛けて絶景を堪能した。
 1時間ほど休憩して、再び2歳児を背中に装着し下山するのだが、先ほどの急登を終えた時に拾った枝をポールに見立てて降りたところ、膝への負担が非常に軽減されるのを感じた。これには助けられた。
 ほぼコースタイムの35分で下山し、登山口にあった案内板を見たとろ、行く時には気づかなかったが、ポールに見立てるにはちょうど良いサイズの枝が何本も立てかけてあった(写真1)。
 3年生もよく登り、下山時も大人のペースに付いて来たので、鞍掛山は、我々のようなスタイルの登山者にとっても楽しめる、いい山であった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン