YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

快晴の恵那山

みとなさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:三十路に入ってとうとう健診に引っ掛かり、仕方なく運動を始める。
    といっても運動音痴かつ病弱なので散歩しかできない。
    あ、近くに山がある…行ってみよう!

    …ハマった(;´д`)
    …でも高所恐怖症は治らない(;´д`)
  • 活動エリア:岐阜
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1982
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

恵那山・大判山・神坂山

2015/05/31(日) 18:54

 更新

快晴の恵那山

公開

活動情報

活動時期

2015/05/31(日) 07:19

2015/05/31(日) 14:28

アクセス:290人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,417m / 累積標高下り 1,424m
活動時間7:09
活動距離13.77km
高低差666m
カロリー3123kcal

写真

動画

道具リスト

文章

先週の焼岳の後、咳が酷く再び体調を崩してしまいました。
完治していないので低めの山に…ということで約1年ぶりに恵那山です。
7:20に神坂峠を出発、すでに昨日より体調が良く、登り始めると次第に咳も止まる。
(下山して乗車した途端に咳が出た。これぞまさに登山療法?)

始め山頂付近に雲が掛かっていたものの、次第に晴れてきました。
最初のピーク(確か千両山)からは早速、中央ー南アルプスが。
実はここが最も展望のいい場所。
ここから一度ミスコースしました。
トレースが車道へ向かっています。

ここから鳥越峠まで下りますが、この峠が今回のコースの最低標高。
大判山まで登り返します。
再度下って、また登り返し。
この低山縦走のような地味なアップダウンが堪えます。
天狗ナギから再び斜度が急になり、樹林帯に入ると最高にキツくなります。
去年、積雪したここの下りで初の滑落を喫した思い出の場所。
ここを越えれば山頂へと続くほぼ平坦な道に変わります。

三角点は避難小屋からさらに進み、分岐を左に。
山頂標識と櫓があります。
景色のいいポイントは実はここではなく、避難小屋裏の岩を登ったところにあります。
中央ー南アルプスが一望でき、運が良ければ富士山も見えます。

下りは午後になると背後から西日が当たるため、とにかく暑かったです。
普段の倍の水を消費しました。
2箇所のナギと呼ばれる崩落地を避けるように道がつけられていることが、下りだとよくわかります。
高所恐怖症の方でも大丈夫。
行きでは隠れていた御岳、乗鞍も見ることができ、疲れも和らぎました。

やはり恵那山は厳しい山です。
進めど標高がなかなか上がらない、樹林帯が多く視界が開ける箇所が少ない上、頂上も苦労の割に展望がよろしくない。
でも、美濃の人間にとっては大切な山ですし、そのどっしりした姿はすぐにそれとわかります。
春は道が荒れていますし何より虫が多いので、いつか紅葉を見に訪れたいと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン