YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

精進湖口 赤池~奥庭~河口湖口五合目

じべたさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

富士山

2015/06/04(木) 23:09

 更新

精進湖口 赤池~奥庭~河口湖口五合目

公開

活動情報

活動時期

2015/06/04(木) 08:00

2015/06/04(木) 16:46

アクセス:401人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,531m / 累積標高下り 3,532m
活動時間8:46
活動距離40.45km
高低差1,461m

写真

動画

道具リスト

文章

またやってしまいました。
五合目のチェックポイントで、YAMAPを起動したまま例のアプリを起動しチェックインしたら大変な事に。
落ちまくりで、すごいゴミまみれのログになって掃除が大変でした。
しかも途中で終わってしまっていたので、サブ機の○旅ロガーで取ったgpxファイルを統合し補完しました。
学習能力ないなぁ・・・

持って行った物:
ウィンドブレーカー上下 フリーストレーナー 水に流せるポケットティッシュx3 
ウォークマン IE80 Panasonic QE-PL202 ANKER A1208 90cmMicroUSBケーブル USBカールケーブル
ウォークマンのケーブル シム抜きHTC aria ボトルクーラー EXライトウインドジャケット 痛buff

補給:
スーパーヴァームパウダーx4 ヴァームウォーター500 ヴァームウォーターパウダーx4
ミネラルウォーター500x2 薄皮チョコパン スポーツようかんx5

やってしまった時用:
エマージェンシーブランケット Emシェルター1 加糖れん乳森永ミルク

-------------------
昨年11月の船津口に続いて、登った事の無い登山道シリーズです。
樹海歩いてみたいと言っていましたが、走ってしまってます。
日照時間の長いこの時期で、梅雨前最期の好天候で気温も暑くも寒くもないという絶好のコンディション。
しかも新緑が目に鮮やかで明るく、暗く鬱蒼陰鬱とした樹海イメージと全く異なる物でした。
きっと密に生い茂り、暗鬱とした濃い森になる前の、今の時期にしか見れない姿なのでしょう。
走り出して少しすると、未舗装道になり膝の負担が軽くなり良い感じです。
道も吉田口のようにガチガチでは無く、落ち葉でフカフカして素晴らしい走り心地。
でも栂類の落ち葉が巻き上げられ靴下越しに刺さって痛く、頻繁に立ち止まり除去しないといけませんでした。
風穴を過ぎた辺りでミスコースしました。どう見ても太い本道ぽいのに騙されました。
少し手前の左側への細い脇道にしか見えないのが正しいルートとか罠ですか?
一合目を過ぎ二合目にさしかかる頃、へばって走れなくなり始めました。
補給が間に合わなかったようで、私的に30分おきには補給を入れないと駄目なようです。
ザックを降ろさず補給を取れるようにとウエストバッグに色々入れましたが、薄皮パンはチョイスミスでした。
そもそも潰さないと入らないですし、他の物が入りません。
ストックを持って走るとモーメントで腕の振りが遅くなり、タイミングがずらされるのも予想外でした。
三合目の登山バス乗換え広場、ここは何か不思議な雰囲気が漂う場所です。
小屋や、ロータリーの遺構がそう感じさせるのでしょうか。
前回下りを断念した奥庭への道で登りますが、強烈でした。
いきなり倒木で道を塞がれます。もう本当に倒木地獄で、数メートルおきに、登る潜る跨ぐ巻くの連続です。
無数に倒れている倒木を避けるため、かなり広範囲に踏み跡が有りルートを見失いそうなポイントも。
走りたい場合はこのルートは止めた方が無難でしょう。全然走れませんでした(T^T
奥庭からは赤石山脈や奥秩父山塊?がよく見えました。ここまで眺望が良いのは初めての体験でした。
スマホ用の望遠レンズを忘れて残念。
御中道まで登り、河口湖口(スバルライン五合目/現吉田口)を目指します。
ここはほぼ平坦で、思いっきり走れると期待していたのですが・・・
多めに雪の残っているポイントが、2箇所と派手に崩れている沢があり、通行止めになっていました。
位置的に青草流しでしょう。重機入れるの無理そうなので、あの規模だと通行止めは長期化しそうです。
かなり不安定な感じで、時折小さく崩れていましたからアンザイレンやヘルメットが必要と思われます。
雪の残っている場所では、アルパインポールのポイントプロテクターを外したのと、
トラバースの為左右の長さを変え対処しました。
ランニングシューズではなくトレランシューズだったので靴裏のパターンで助けられました。
軽アイゼンでも有った方が無難でしょう。
素直にスバルラインへ降りるのが正しい行動でしょうが、見てみないと気が済みませんし、見ると燃えてきます。
五合目では、去年の異様な人出で撮れなかったポイントで写真撮って、五合園レストハウスで雲海ラーメンを堪能しました。
去年弄られた性か、去年11月の時点で素ラーメンからもやしラーメンへと進化していたのが、今回具だくさんになっていました。
巡礼的には素ラーメンのままの方が、そのままを辿り体験をするというネタにしやすいのですけど。
ここで某アプリでまたやらかします。メモリかつかつだったので書き潰したっぽいような。
30分ほど再起動したりと色々試すも状況が変りません。
夜の樹海を歩くのは悪夢です。正気度だだ下がりです。うっかり「樹海のおとしもの」でも発見してしまったら
正気度ゼロに陥り、叫びながら闇の中へ走り去るレベルです。
日があるうちに降りるに限ります。対処を諦めて降りる事にしました。
数年間放置されていた精進湖口、五合目間近の流失した階段は、ほぼ復旧工事が終わってました。
道の半分だけ微妙な舗装がされているのは、三合目からの特殊な登山バス用遺構なのでしょうか。
降り始めて少ししてから、今回のルート地図を表示させているバックアップのariaに山○ロガー入れてあるのを思い出し、
起動しログ取りさせる事にしました。
下りは見知った道で、登りの時みたく辛くなく走れますが、下りを走っても意味ないよねとも・・・
夏には今回の全行程+20Km程度は全部登りで走らないといけないのに。
日頃のランニング時の距離と負荷が全然足りないのでしょう。かといって無理して壊しても無意味です。
あと普段は身一つで、ザックとその中身の重量や両手のポールなど、影響を色々知る事が出来る良い機会でした。
今後のトレーニング指針と課題になります。とても良い勉強になった山行でした。

ps. 6/9エントリー落選通知が届きました残念。
捕捉 : YAMAP収録の富士山地図では、精進湖と赤池周辺は載っていませんので、別途地図をご用意下さい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン