YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

宝満山。行者道から羅漢道へ。

kurodaiさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:海から山にフィールド拡大中。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

宝満山・三郡山・若杉山

2015/06/07(日) 10:55

 更新

宝満山。行者道から羅漢道へ。

公開

活動情報

活動時期

2015/06/06(土) 08:44

2015/06/06(土) 14:59

アクセス:616人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,413m / 累積標高下り 1,397m
活動時間6:15
活動距離7.92km
高低差697m
カロリー2826kcal

写真

動画

道具リスト

文章

梅雨の合間の晴天。今日は宝満山を初めてのルートで登りました。

竈門神社下の駐車場に車を停めてヤマップ起動。竈門神社で参拝し、式部稲荷から登山道を歩きます。内山林道をしばらく歩き、愛嶽道に。

鳥越峠までは日も差し込む比較的明るい道です。途中でソロの山ガールと遭遇。彼女はかもしか新道で山頂を目指すとの事。

鳥越峠は色んなルートの分岐点。ここで彼女とはお別れし、私は行者道へ進みます。

行者道は木々に覆われたルートで、直射日光に当たらない分暑くは無いのだけど、眺望は期待出来ません。 それなりに急登のルートだけど、正面登山道の石段よりは疲れにくいかな。 途中で大きな岩があったので、岩に上がったらマムシがお出迎え。すぐに元の道に戻りました。 緩やかな登りになったかなぁって思っていると、中宮跡の竈門山碑が見えてきた。 正面登山道と合流。

中宮跡を過ぎると三つのルートに分かれます。右はキャンプセンターへ続く女道、真ん中は急登の男道、そして少し登って左へ進む羅漢道。

初めて尽くしの今日は羅漢道で山頂に向かう。羅漢道は道幅も狭くアップダウンもある厳しいコース。足の踏み外しなどに注意しながらゆっくり進む。正面登山道では味わえない趣きがあるところだ。

廃仏毀釈の歴史を感じながら、登り下りを繰り返しながら進む。ルートには上宮への標示があるので、道を外す心配は少ない。

しばらくして「遠望の岩」の標示が。 知る人ぞ知るビュースポットらしい。ここは素通りする訳にはいかない。岩を回り込むように登ると、まさに絶景が待っていた。平坦な岩は足場も良く、暫く眺望を楽しむ。「のぼろ」で見た山頂の一角をなす岩壁。見下ろす景色。ここでお昼にしようかと迷うくらいだ。岩を下りて山頂に向かおうとしているとソロの男性と遭遇。

ここから山頂まではもうすぐ。急登を進みしばらくすると稚児落としの岩の壁が見えてきた。もう、頂上へ来たも同然。山頂は思ったほどは混んでいない。山頂からの眺望を楽しんでいると、「遠望の岩」でお会いした男性も登って来られた。金沢から転勤で九州に戻ってきたらしく、これから九州の山を色々と楽しみたいと言っておられた。

山頂でお別れしキャンプセンターでお昼にした。カルボナーラとコーヒーを味わう。

下りは女道から、復習のために行者道を下る。行者道は登りでは数人とスレ違ったが、下りでは誰とも会わなかった。羅漢道では男性一人のみ。 どちらのルートも正面登山道と比べて極端に人が少ない。その分、慎重に歩く必要があると感じた。

「遠望の岩」はまた行きたくなるスポットです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン