YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

二匹目のドジョウはいなくても良く遊びました

山川遊さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:還暦過ぎたじじいです。遥か昔は「雪よ岩よ」の時期もありました。40年のブランクを経て、5年前に同世代の友人と雪山カムバックしましたが、その友人が山が出来なくなって。自身は2015年末に関節リュウマチになりイテテです。いっそ、ユルユルで行こうと思い、装備の軽量化とユルユルテン泊で山を遊ぼうと思う。「ユルユルテン泊」とは若者が日帰りするルートを1泊して、より長い時間山を楽しもう、という贅沢です。
    夏は西洋毛ばり(フライフィッシング)もね。
    FB:https://www.facebook.com/motoetsu.kobayashi
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:長野
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

荒島岳

2015/06/07(日) 09:54

 更新

二匹目のドジョウはいなくても良く遊びました

公開

活動情報

活動時期

2015/06/06(土) 05:29

2015/06/06(土) 19:50

アクセス:346人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,422m / 累積標高下り 2,681m
活動時間14:21
活動距離60.66km
高低差501m

写真

動画

道具リスト

文章

尺岩魚の渓に京都組み、愛知組の4名の川じじい(ひとりは若いけど)集合。
愛知組は3時半に東屋到着。早速焚き火をして京都組を待つが、京都組はなんと1時間遅れ。
携帯電波が無いとこなので。

朝まずめで狙っていた流れが雨と工事で濁流。
上流で二手に分かれて入渓。
2週間で草がぼうぼうで道がわからない!
気温が低いので岩魚の活性が低い!

東屋でのランチ後に別の渓へ移動。
前に尺岩魚の出た渓。
私は夕方まで車の中でお昼ね。
愛知のFB友は携帯が繋がらない場所なので、タイヤのパンクで大変な思いした。
京都組は更に上流へ、私はソロで別の渓へ。
林道が狭く、道路上に落石多数で怖い・怖い。
大きな車が入るとこでは無い。

イブニングは尺岩魚のプール。
薄暗くなって、ライズがあったが散漫で結局出なかった。

京都師匠の釣果は2桁、私は2。

まあ無事に家へ帰れればハッピー。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン