YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

T字尾根から御池岳、テーブルランド周回、池巡り

ヤマノボラー・Minaphmさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.1283
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4000枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • ユーザーID:226520
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:滋賀, 京都, 三重
    出身地:和歌山
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他

藤原岳・御池岳

2017/07/06(木) 19:26

 更新
三重, 滋賀

T字尾根から御池岳、テーブルランド周回、池巡り

活動情報

活動時期

2017/06/24(土) 07:45

2017/06/24(土) 14:45

ブックマークに追加

アクセス

731人

文章

 初めてT字尾根を使って、御池岳に登りました。御池岳には7回目ですが、なぜかT字尾根はこれまで登る機会がありませんでした。ていうか、やはり少し難路のイメージが強すぎたのかもしれません。でも、今はYAMAPもあり、登山口に飛び出し坊やが立つほど、このルートも一般化してきました。
予想通り、迷うこともなく、快適にテーブルランドにたどり着くことができました。
テーブルランドに登ってからは、テーブルのほぼ端をぐるりと一周。たくさんの池も訪問できました。まずはボタン岩、ボタンブチ、天狗の鼻と通過し、風池、丸池から北西端のおはな池まで。ここから引き返し、御池岳(丸山)へ。ここも、日本庭園から直接登るルートを初めて使いました。結局、池はメジャーな元池や真の池には寄りませんでしたが、それでも8つ確認できました。丸山からは奥の平を経て、テーブルランド南東端の東ボタンブチへ。ここから右に曲がって土倉岳下降点。土倉岳を経て、巡視路尾根でノタノ坂の峠へ。最後はノタノ坂を下って駐車地へ。
 この季節の御池は、ヤマビルのせいであまり人気がないようですね。でも、今回のように尾根を使えば、ヤマビル恐れるに足らずですよ。唯一、ノタノ坂の下りだけは以前出た場所なので、早足で歩きました。結果、まったく大丈夫でした。

池の名前や伝説は、西内氏のガイド本「地図で歩く鈴鹿の山」と、
http://www.geocities.jp/tokaigakko/page-298.oikedake.html
を参考にさせていただきました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間0分
  • 活動距離活動距離14.83km
  • 高低差高低差736m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,451m / 1,444m
  • スタート07:45
  • 4時間22分
  • 御池岳12:07 - 12:22 (15分)
  • 2時間23分
  • ゴール14:45

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン