YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

兜岳、鎧岳縦走

ヤマノボラー・Minaphmさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.1283
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4500枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • ユーザーID:226520
    性別:男性
    生まれ年:1961
    活動エリア:滋賀, 京都, 三重
    出身地:和歌山
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他
住塚山・兜岳・鎧岳

2017/07/03(月) 12:15

 更新
奈良, 三重

兜岳、鎧岳縦走

活動情報

活動時期

2017/07/02(日) 09:42

2017/07/02(日) 14:11

ブックマークに追加

アクセス

777人

文章

 梅雨の晴れ間、兜岳から鎧岳へ縦走しました。曽爾村のこの二峰はとにかくかっこの良い山です。とくに、鎧岳は、南から見たときの尖り具合が、ものすごく、しかも中腹の柱状節理が鎧の縅(おどし)に似ていて、まさに鎧をつけた武者の姿。兜岳はそれよりはずんぐりとしていますが、やはりあちこちに柱状節理の岩場をちりばめてごつごつした武者の雰囲気です。標高は兜の方が25mほど高くなっています。
 まず置き車を新宅本店前のバス停近くにして、もう一台で兜岳の登山道入り口近くへ。ここからの登りは、しばらくはヒノキの植林ののんびりとした登りでしたが、「これより先急斜面注意」の標識以降は、これでもかっていうロープの付いた岩場の急登の連続。これはしんどいけど楽しい登りです。標高720mから山頂までの標高差200mを、水平距離わずか410mで登っています。つまり傾斜は0.488で平均斜度29.2度に相当。これは、凄い!!山頂からは倶留尊山、後古光山、古光山、学能堂山、栗の木岳、三峰山、高見山、それにこれから登る鎧岳がよく見えました。下りもなかなかのものでした。
峰坂峠からは、今度は鎧岳への登り。でも、さっきの兜岳に比べれば、登りは、下から見上げた鋭鋒からは想像しがたいほど、ずいぶんとマイルドでした。やがて、稜線に達したら、山頂はわずか南。ここには三角点がありました。
 鎧岳からの下りは、まず稜線上を北上し、右へスギ植林中の急斜面についたジグザグ道を下っていきます。この下り、最後に標高510mあたりで左に大きく曲がる必要がありますが、ついつい尾根上をまっすぐ下っちゃいました。すると、やがて踏みあとは薄くなり、しかたなく450mの等高線沿いに北上しました。なんとか林道に出られますが、倒木もあり、あまりお勧めできない道でした。標高510mあたりで、北上することをお勧めします。
 また、YAMAPの地図の赤い線は、兜岳への西からの登り、鎧岳から東への下りで、すごく現実とずれているのでご注意を。←この件、YAMAPさんに連絡すると、その後すぐ、対応いただきました。いまは正しい地図になっています。ありがとうございました。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間29分
  • 活動距離活動距離4.83km
  • 高低差高低差531m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り605m / 967m
  • スタート09:42
  • 45分
  • 兜岳10:27 - 10:54 (27分)
  • 1時間6分
  • 鎧岳12:00 - 12:46 (46分)
  • 1時間25分
  • ゴール14:11
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン