YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

羊蹄山倶知安比羅夫コース開き初日

みらぁさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

羊蹄山(蝦夷富士)・尻別岳

2015/06/14(日) 14:13

 更新

羊蹄山倶知安比羅夫コース開き初日

公開

活動情報

活動時期

2015/06/13(土) 06:13

2015/06/13(土) 14:10

アクセス:169人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,972m / 累積標高下り 1,974m
活動時間7:57
活動距離12.31km
高低差1,553m

写真

動画

道具リスト

文章

北海道での仕事ついでに羊蹄山登山。北海道登山は学生時代以来初めて。
当初は避難小屋泊を予定していたが、天候不良と想像よりも早く回ることができたのでそのまま下山。
天候は常に雨、風、霧。展望は全くなし。お鉢周りもしているが特筆した思い出はなし。
コースは8合目までは雪はなし。樹林の土泥のルートで、ひたすら登り。ルートをまたぐように太い枝が張り出しており、潜るだけで済むが大きい荷物の場合は接触に注意。
9合目からは残雪あり。トレースもあるし枝を掴みながらクリアできると思われる。ただし、かなりスノーブリッジめいた雪となっているため踏み抜いた人は御愁傷様。
稜線に上がると霧と風雨に叩きつけられる。ルートは確かに迷いやすい。しかし確実にペンキの印があるのでよく確認すること。安易に下るのは避けるべき。
真狩方面から小屋に下りるルートは正規ルートは雪で覆われており、トレースもない。分かりにくいが雪が始まる手前の高台を乗り越えると正規ルートと並行するようにザレルートがある。そちらから下山。
真狩コースから小屋に向かうが雨のためか足場は小さな沢となっていた。
小屋から比羅夫コースへ合流するのにはかなり大きな雪渓をトラバースする必要がある(写真参照)。足場はあまりよろしくない上、霧のため行く手が見えないためかなり心細かった。トレースもあまり切られておらず、アイゼンがあったほうが良い。
あとはひたすら下り。
夕方くらいに下山するつもりだったが想定より大分楽にクリアできた。下山途中から晴れ間が見えてきており、正直後悔もあるが今回はこのまま終了。いつかまた機会があれば来よう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン