YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

石見銀山(仙山・仙ノ山)・大江高山

石見銀山(仙山・仙ノ山)・大江高山

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山(現在は閉山)である。上述の最盛期に日本は世界の銀の約3分の1を産出したとも推定されるが、当銀山産出の銀がそのかなりの部分を占めていたという[1]。大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。

石見銀山(仙山・仙ノ山)・大江高山

みんなの活動日記

全36件/1〜30件