YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

岩石山(岩石城)

岩石山(岩石城)

岩石城(がんじゃくじょう)とは、福岡県田川郡添田町添田(現・添田1788番地の2)にあった城である。 標高454mの岩石山山頂を主郭とした山城であった。

【歴史】
平清盛が大宰大弐であった頃、1158年(保元3年)に大庭景親に築かせた、と伝わる。はるかのちには、子孫である大庭氏が城主として数代支配することになる。

標高はさほどではないにせよ、山岳修験道の修業場であった山に造られており「豊前一の堅城」「難攻不落」という評判もあった同城ではあるが、築城以降、菊池氏、大友氏、大内氏、秋月氏、豊臣秀吉の各大名に攻め落とされ、帰属の変更を繰り返しながら、重要な城として存続する歴史を繰り返す。 秀吉の九州征伐以降は小倉城の付城として存続し、毛利勝信や細川忠興らに支配されるが、江戸時代初期の1615年(元和元年)の元和の一国一城令により廃城となった。

岩石山(岩石城)

みんなの活動日記

全85件/1〜30件