YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

周防大島

周防大島

  • 標高691m(嘉納山)
  • 所在地山口県
  • 位置北緯33度55分0秒, 東経132度16分0秒
出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

周防大島(すおうおおしま)は、山口県大島郡周防大島町に属する島である。人口約19,739人(2010年11月1日現在)。

【概要】
国土地理院が定める正式名では屋代島(やしろじま)と称するが、周防国の大島であったことから単独で周防大島(または単に「大島」)と呼ばれることが多いほか、周防大島諸島に含まれる周辺の小島とあわせて呼ぶこともある。古くから瀬戸内海海上交通の要衝とされ、万葉集にもこの島を詠んだ歌がある。
日本で最も高齢化率が高い島である。
宮本常一(民俗学者)、星野哲郎(作詞家)の出身地である。

【地理】
本州沖約2kmの瀬戸内海上にある。瀬戸内海では淡路島、小豆島に次ぎ3番目に大きい島である。本州との間の大島瀬戸は潮流が速く、古くは水運の難所とされていたが、現在は好漁場として釣り人のメッカとなっている。島内は海岸沿いまで山が迫り、平地は屋代・小松地区や安下庄地区などわずかしかない。島内最高峰は嘉納山(かのうさん)だが、最も山姿が美しいのは嵩山(だけさん、619m)で大島富士とも呼ばれている。晴れた日には島東部から四国の石鎚山まで望むことができる。瀬戸内海の豊富な魚介類やみかんの産地として名高い。気候は温暖で平均気温は15℃を超える。

周防大島

みんなの活動日記

全61件/1〜30件