YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

国東半島

国東半島

国東半島(くにさきはんとう)は、大分県の北東部に位置する半島である。

【地理】
大分県北東部に位置し、南側を別府湾、東側を伊予灘、北側を周防灘に囲まれている。半島の北には姫島がある。

【地形】
半島全体としては円に近い形をしている。半島の中央部よりやや北寄りの内陸には、標高721mの両子山をはじめとする両子火山群の峰々がそびえており、そこから丘陵地と谷が海岸に向かって放射状に伸びる。北部の海岸線は小さな入り江と岬が連続するリアス式海岸となっている。日本の秘境100選に選定されている。
奈良時代から平安時代にかけて、仏教(天台宗)に宇佐八幡の八幡信仰(神道)を取り入れた「六郷満山」と呼ばれる仏教文化が形成され、山岳地域の険しい山道を歩く「峰入り」と呼ばれる難行が行われるようになった。「六郷」とは、来縄(くなわ、現・豊後高田市)・田染(たしぶ、豊後高田市)・伊美(いみ、国東市国見町)・国東(国東市国東町)・安岐(あき、国東市安岐町)・武蔵(むさし、国東市武蔵町)の6つの地域を指しているといわれる。現在でも内陸部を中心に多数の寺があり、観光名所となっている。
また、江戸時代のキリスト教徒で、日本人として初めてエルサレムを訪れたペトロ・カスイ・岐部の出身地でもある。

国東半島

みんなの活動日記

全199件/1〜30件

先頭

1

2

3

4

5

6

...

後尾