YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

地図

能登半島北部

能登半島北部

能登半島(のとはんとう)とは、北陸地方の中央付近から日本海へ北に向けて突き出した半島である。日本における日本海側海岸線で最も突出面積が大きい半島である。
ほぼ全域が石川県に属するが、南東の一部は富山県に属する。東側の海岸線は途中から東に折れて、富山湾を形成する。
半島内部は、標高 200 m から 500 m 程度の丘陵地帯が続く為に平地は少なく、輪島市などでは、千枚田が見られ、中でも白米千枚田は有名。海岸線を主体に広い範囲が能登半島国定公園に指定されている。古代からナマコの特産地である。
「能登はやさしや土までも」との言葉もあるように、人はもとより土までも優しい(柔らかい意)と言われている。

  • 収録範囲/主要範囲
  • 地図/国土地理院 50000分の1
  • 地図の容量/約12MB
  • 公開日/2014.12.02
  • 更新日/2016.01.20
  • 地図のバージョン/1.0
  • カテゴリ/ 災害用都市部の地図半島・半島の山

みんなの活動日記

全133件/1〜30件