宮島・弥山

  • 標高
    535m
  • 所在地
    広島県
  • 位置
    北緯34度16分47秒, 東経132度19分11秒
  • 山系
    独立峰
  • 種類
    火成岩
出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

弥山(みせん)は広島県廿日市市宮島町の宮島(厳島)の中央部にある標高535 mの山。古くからの信仰の対象になっている。

【概要】
山頂には三階建ての展望台がある。伊藤博文は「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」と絶賛した。
周辺海域(瀬戸内海)および島全体として、瀬戸内海国立公園内に位置しており、弥山の山麓は、世界文化遺産として登録されている厳島神社の世界文化遺産区域内にあたる。
北側斜面には、国の天然記念物となっている「瀰山原始林」が存在し、暖温帯性針葉樹のモミと南方系高山植物ミミズバイの同居やヤグルマの群落など、特異な植物・植生の分布が見られる。登山中には鹿に出会うこともある。
平安時代の大同元年(806年)に空海(弘法大師)が弥山を開山し、真言密教の修験道場となったと伝えられる。ただし、空海が厳島を訪れたことを示す証拠は存在しない。
山頂付近には御山神社(みやまじんじゃ)、山頂付近から山麓にかけては大聖院の数々の堂宇、裾野には厳島神社を配し、信仰の山として古くから参拝者が絶えない。
山名については、山の形が須弥山に似ていることからという説や、元は「御山」(おやま、みやま)と呼んでいたのが「弥山」となったという説などがある。なお、山頂にある三角点の名称は「御山」である。

宮島・弥山

宮島・弥山 山麓付近の天気予報
  • 11/18
  • 11/19
  • 日付
  • 時刻
  • 気温
  • 降水量(mm/h)
  • 風向
  • 風速
  • 18日
  • 9時
  • 11℃
  • 0 mm
  • 南東
  • 0m
  • 10時
  • 11℃
  • 0 mm
  • 0m
  • 11時
  • 12℃
  • 0 mm
  • 1m

サポーター会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

サポーター会員登録

サポーター会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

サポーター会員登録

1時間毎の気温予報

サポーター会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

サポーター会員登録

1時間毎の降水量予報
(毎日18時ごろに更新)
【気象情報ご利用上の注意】
気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。
地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

みんなの活動日記

全976件/1〜30件

先頭

1

2

3

4

5

6

...

後尾