上越市

上越市(じょうえつし)は、新潟県南西部(上越地方)に位置する都市である。特例市に指定されており、新潟県内では第3位の人口を擁する。市制執行は1971年であるが、2005年に周辺の13町村と合併して現在の市域を成立させている。

【概要】
1971年4月に、高田市と直江津市が合併して成立した。2005年1月に周辺の13町村と合併し、佐渡島を超える面積となった。市町村の合併の特例等に関する法律(合併特例法)に基づく地域自治区制度を初めて導入した市で、現在は地方自治法に基づく28の地域自治区を設置している。詳しくは地域の節を参照。
東の新潟市まで133km、西の富山市まで139kmの場所に位置する。日本海に面しており、夏には内陸の長野県方面からの海水浴客が多く訪れる。
律令時代には越後国の国府が置かれ、戦国時代には長尾景虎(上杉謙信)に代表される長尾氏(上杉氏)が春日山城を居城としたため城下町として盛えた。江戸時代には高田藩の藩庁高田城が置かれた。

上越市

  • 収録範囲/上越市の中心部と妙高市周辺
  • 地図/国土地理院50000分の1
  • 地図の容量/約15MB
  • 公開日/2013.02.10
  • 更新日/2016.01.13
  • 地図のバージョン/2.0
  • カテゴリ/ 甲信越エリア災害用都市部の地図全国エリア

みんなの活動日記

全74件/1〜30件