福井市

福井市(ふくいし)は、福井県北部(嶺北)の都市で、同県の県庁所在地である。国から特例市に指定されている。旧足羽郡。

【概要】
戦国時代の武将柴田勝家の北ノ庄城から城下町として形成しはじめ、江戸時代に福居、福井と地名を変えた親藩統治を経て、現在もなお県政の中心として福井城天守のあった場所に福井県庁がそびえ立つ。また江戸時代福井は日本屈指の大都市で朝倉氏滅亡後一乗谷から移転した文化人の影響もあり華やかな文化や行事が行われていた。
1945年(昭和20年)7月19日の福井空襲、1948年(昭和23年)6月に発生し気象庁が震度7を設定するきっかけとなった福井地震、9月九頭竜川堤防決壊の短期間3度にわたり当時の市のほぼ全域が受けた壊滅的被害から復興し、不死鳥のまちを宣言している。市内中心部を流れる足羽川の堤防上は河川敷として日本最長の桜並木となっており、春には花見客で賑わう。
2002年(平成14年)の「21世紀を拓く創造プラン」(第5次福井市総合計画)策定より、「人、街、自然、文化の『交・響・楽・彩 ふくい』」をスローガンに街づくりを進めている。

  • 収録範囲/福井市
  • 地図/国土地理院地図
  • 地図の容量/約34MB
  • 公開日/2013.02.10
  • 更新日/2018.01.10
  • 地図のバージョン/4.0
  • カテゴリ/ 災害用都市部の地図

みんなの活動日記

全189件/1〜30件

先頭

1

2

3

4

5

6

...

後尾