YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

鬼ノ城(鬼城山)

鬼ノ城(鬼城山)

鬼ノ城(きのじょう)は、岡山県総社市の鬼城山(きのじょうさん)にある日本の古代山城(神籠石式山城)の遺跡。国の史跡に指定されている(指定名称は「鬼城山」)。

【概要】
鬼ノ城は吉備高原の南端に位置し、標高397メートルの鬼城山の山頂部に築かれている。すり鉢形の山容の8〜9合目の外周を、石塁・土塁による城壁が、鉢巻状に2.8キロメートルに渡って巡る。城壁によって囲まれた城内の面積は約30ヘクタールである。城壁は土塁が主体で、城門4ヵ所、角楼1ヵ所、水門6ヵ所などで構成される。そして、城壁を保護するための敷石の発見は、国内初のことであった。城内には、食料貯蔵庫と推定される礎石総柱建物跡5棟、管理棟と推定される礎石側柱建物跡2棟の他、溜井・烽火場・鍛冶遺構などが確認されている。「歴史と自然の野外博物館」の基本理念に基づき、西門と角楼や土塁が復元されている 。その他、城門・水門・礎石建物跡・展望所・見学路などの整備とともに、鬼城山ビジターセンターと駐車場を整え、史跡公園として一般公開されている。

鬼ノ城(鬼城山)

みんなの活動日記

全27件/1〜27件