YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

月山・姥ヶ岳

月山・姥ヶ岳

  • 標高1,984m
  • 所在地山形県
  • 位置北緯38度32分56秒, 東経140度01分37秒
  • 山系出羽山地
  • 種類成層火山
出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

月山(がっさん)は、山形県の中央部にあり、出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。山域は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。また、山麓は月山山麓湧水群として名水百選、月山行人清水の森として水源の森百選にも選定されている。

【概要】
標高1,500mの湯殿山、418mの羽黒山とともに出羽三山のひとつに数えられ、修験者の山岳信仰の山として知られる。山頂には月山神社が鎮座し、多くの修験者や参拝者が訪れる。蜂子皇子が開山したと伝えられる。古くからの名では犂牛山(くろうしのやま)という。
山体の姿は山形盆地、庄内平野、最上地方からよく見える。置賜地方であっても天候が良ければ望める。豊富な残雪のため、国内では乗鞍岳や立山と共に夏スキーが可能な山としても知られる。また、山形県のスポーツ県民歌に登場し、県を代表し親しまれている山である。

【地質と地形】
火山活動は約70万年前に始まり、最後に噴火した約30万年前には山頂部まで形成された。東側斜面には弥陀ヶ原などの湿原が点在し、比較的なだらかなのに比べ、北西側斜面には長径2.5kmの馬蹄型カルデラが開いて急峻な姿を見せ、北方に山体崩壊時の堆積物が分布する。
月山のなだらかな山容は楯状火山をイメージさせ、かつてはそう考えられてきたが、頂上付近の輝石安山岩や、爆発カルデラ地形の中にある雨告山中央火口丘の存在は成層火山の特徴であり、現在では楯状火山とは考えなくなった。(中略)

月山・姥ヶ岳

月山・姥ヶ岳 山麓付近の天気予報
  • 12/10
  • 12/11
  • 日付
  • 時刻
  • 気温
  • 降水量(mm/h)
  • 風向
  • 風速
  • 10日
  • 13時
  • -7℃
  • 1 mm
  • 南東
  • 6m
  • 14時
  • -7℃
  • 1 mm
  • 南東
  • 6m
  • 15時
  • -7℃
  • 1 mm
  • 南南東
  • 5m

プレミアム会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

プレミアム会員登録

プレミアム会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

プレミアム会員登録

1時間毎の気温予報

プレミアム会員になると、最大39時間先までの気象情報が表示されます

プレミアム会員登録

1時間毎の降水量予報
(毎日18時ごろに更新)
【気象情報ご利用上の注意】
気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。
地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

みんなの活動日記

全795件/1〜30件

先頭

1

2

3

4

5

6

...

後尾