青梅市

青梅市(おうめし)は、東京都の多摩地域北西部にある市である。島嶼部を除いた東京都の中で4番目に敷地面積が広い市町村であり、横を向いたイノシシに似た形が特徴的である。

【概要】
東京都西部の市。1951年市制。関東山地と武蔵野台地にまたがり、中部を多摩川が東流する。中心市街は多摩川の谷口集落で青梅街道の宿場町として発達、青梅線が通じる。古くから綿織物が盛んで、青梅縞、青梅綿として知られ、第二次世界大戦前まで夜具地を多産した。山間部では林業が盛ん。市域東部には昭和40年代に工業団地が造成され、ハイテクノロジー関連産業の進出や市街地の既存工場の移転が進められている。
だるま市、青梅大祭は有名。金剛寺、塩船観音寺、武蔵御嶽神社、吉野梅郷があり、西部は秩父多摩甲斐国立公園に属する。1967年に始まった青梅マラソン(2月)には、海外からも含めて約15,000人が参加し、日本最大のマラソン大会となっている。

  • 収録範囲/青梅市
  • 地図/OpenStreetMap
  • 地図の容量/約9MB
  • 公開日/2016.05.13
  • 更新日/2017.11.29
  • 地図のバージョン/1.0
  • カテゴリ/ 災害用都市部の地図

みんなの活動日記

全204件/1〜30件

先頭

1

2

3

4

5

6

...

後尾