YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

中辺路(東・雲取越)

中辺路(東・雲取越)

雲取越え(くもとりごえ、大雲取小雲取越え〈おおぐもとりこぐもとりごえ〉)は熊野那智大社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)と熊野本宮大社(和歌山県田辺市本宮町本宮)とを結ぶ参詣道。熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)への参詣道、熊野古道中辺路の派生ルートのひとつ。熊野那智大社から、その後背にそびえる那智山を越えて赤木川の河谷に至るまでを大雲取越え(おおぐもとりごえ)、赤木川から熊野本宮大社に至るまでを小雲取越え(こぐもとりごえ)と呼ぶ。
熊野古道中辺路は熊野本宮大社に達した後、熊野三山を巡拝する道となる。平安時代後期から鎌倉時代初めにかけて確立した中世熊野詣における通常の巡拝ルートは、熊野本宮大社から熊野川を下って熊野速玉大社に、ついで陸路で熊野那智大社に詣でてから、同じ道をたどって熊野本宮大社に帰参するもので、中世の参詣記における三山巡拝は以上のルートをとっている。しかし、那智山から本宮までの経路としての熊野川は舟賃を要するうえ、大雨の後などは航行困難ないし不能となる。そのため、修行者や庶民が通行する道として山間部をぬって本宮と那智を結ぶ道が早くから存在したと考えられている。それが雲取越えの道である。このように、中世における雲取越えは派生ルートとして位置づけられるが、西国三十三所が定着する室町時代以降には、西国三十三所をめぐる巡礼者や旅人が盛んに往来する主要ルートとなった。

(YAMAP編集部より:
熊野古道・中辺路(東・雲取越)の詳細地図は、下記よりダウンロードが可能です。
公益社団法人和歌山県観光連盟
http://www.wakayama-kanko.or.jp/walk/index.html)

中辺路(東・雲取越)

  • 収録範囲/那智駅から熊野本宮大社までの主要ルート
  • 地図/国土地理院 50000分の1
  • 地図の容量/約13.5MB
  • 公開日/2013.05.17
  • 更新日/2016.01.14
  • 地図のバージョン/2.0
  • カテゴリ/ 世界遺産 巡礼路 近畿エリア 全国エリア

みんなの活動日記

全72件/1〜30件