YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

大峯奥駈道 その3 (太古ノ辻~行仙宿)

大峯奥駈道 その3 (太古ノ辻~行仙宿)

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。
2002年(平成14年)12月19日、国の史跡「大峯奥駈道」として指定された。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の一部。

【概要】
大峯奥駈道は、奈良吉野山と熊野三山を結ぶ、もとは修験道の修行場として開かれた道であり、熊野古道の中で最も険阻なルートをなす。今日、一般的に大峰山(大峯山)といえば山上ヶ岳を指すが、大峯奥駈道でいう「大峯」とは、吉野から山上ヶ岳を経てさらに奥の山々、そして最終的には熊野三山に至る大峰山脈を縦走する修行の道全体を指している。

大峯奥駈道 その3 (太古ノ辻~行仙宿)

  • 収録範囲/太古ノ辻、涅槃岳、倶利伽羅岳、行仙岳、行仙宿
  • 地図/国土地理院
  • 地図の容量/約11MB
  • 公開日/2017.05.19
  • 更新日/2017.05.29
  • 地図のバージョン/2.0
  • カテゴリ/ 全国エリア 近畿エリア 世界遺産 巡礼路

みんなの活動日記

全123件/1〜30件