YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地図

冠岳

冠岳

  • 標高516m
  • 所在地鹿児島県
  • 位置北緯31度44分55秒, 東経130度19分52秒
  • 山系北薩火山群
  • 種類火山岩
出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

冠岳(かんむりだけ)は、鹿児島県いちき串木野市と薩摩川内市の境に聳える山である。東西に伸びる稜線に沿って西岳(標高516メートル)、中岳(標高496メートル)、東岳(標高486メートル)が連なる。西岳山頂の上宮祠から東シナ海、霧島山、桜島、開聞岳などを一望できる。
秦の使者徐福が訪れたとする伝説があり、中世には頂峯院をはじめとして多数の寺社を擁する霊山であった。西岳、中岳、東岳にはそれぞれ熊野権現を勧請した神社があり、冠岳三所権現と呼ばれる。
中新世から鮮新世にかけて活動した古い火山の跡であり主として安山岩からなる。

【歴史】
山名の由来には以下の3説がある。
・西岳を遠方から眺めると風折烏帽子に似ていることから。
・冠に似ていることから。
・徐福が冠を納めたことから。
『頂峯院来由記』によると6世紀後半に用明天皇が蘇我馬子に命じて東岳、中岳、西岳のそれぞれに社を建てさせ、東岳には勅願寺として興隆寺を設けたとされる。平安時代中期に阿子丸仙人が頂峯院を開山した。
中世において頂峯院は17の末寺を抱え、南九州における重要な学問中心地の一つであった。島津氏の信仰を受け、1478年(文明10年)とその翌年に桂庵玄樹が訪れている。しかしながら廃仏毀釈により明治2年に廃止された。
冠岳は金峰山と喧嘩をしたという伝説があり、金峰山が投げた材木に当たったため冠岳の肩が低くなり、一方、冠岳がススキの穂で目を射たため金峰山は片目になったといわれる。尚、金峰山と野間岳との間にも同様の伝説がある。

冠岳

みんなの活動日記

全36件/1〜30件