岡崎市

岡崎市(おかざきし)は、愛知県の旧三河国のほぼ中央に位置する市。全国的には「八丁味噌」の産地として知られ、豊田市とともに西三河を代表する都市。中核市に指定されている。

【概要】
足利氏族である細川氏、仁木氏、戸崎氏、また、鳥居氏、大久保氏、土井氏の発祥地、江戸幕府を開いた徳川家康や、その臣下で、半蔵門の由来となった忍者服部半蔵こと服部正成や、東京青山に名が残る老中青山忠成ら、多くの三河武士たちの生誕地として有名である。
中世の鎌倉街道や、江戸時代の東海道宿場町、城下町として栄え、歴史的に西三河地方の中心都市として機能してきた。中心部は旧額田郡で、明治時代初期には額田県の県庁所在地であった。また、一部に旧碧海郡の地域もある。
研究教育施設や史跡が多く、市の規模に比して文教都市の色が濃い。また、伝統地場産業には八丁味噌、花火、石製品、額田の豆腐などがある。
岡崎市民は、「岡崎」の地名を「おかざき」ではなく、「川崎」と同じように「おかざき」と平板に発音する(JRの駅の行き先放送では「おかざき」と発音されている)。人名(姓)の場合は「おかざき」と発音して区別する。岡崎が舞台となったNHK連続テレビ小説『純情きらり』や大河ドラマ『徳川家康』の中でも、放映開始当初は「おかざき」と発音していたが、途中から「おかざき」の発音に改められた。

  • 収録範囲/岡崎市
  • 地図/国土地理院
  • 地図の容量/約29MB
  • 公開日/2016.12.21
  • 更新日/2018.01.10
  • 地図のバージョン/1.0

みんなの活動日記

全177件/1〜30件